忍者ブログ
[527] [526] [525] [524] [523] [522] [521] [520] [519] [518] [517]
上橋菜穂子著。講談社。上下2巻。

闘蛇衆とである母を失った少女エリンは、故郷の村を追われ、蜂飼いのジョウンに助けられ、育てられる。自然の中で王獣という神々しい獣を見た彼女は、老いたジョウンがその息子のもとに身を寄せねばならなくなった時、王獣の世話をするカザルム保護場に向かう。持ち前の利発さと母から何気なく教わった知識が役に立ち、エリンは才覚を現し、傷ついた王獣の幼獣リランと出会ったことから、数奇な運命に巻き込まれていく。神々の山脈の向こう側から来たという国家の祖、その子孫にして、神にも等しい汚れなき真王と、国を守るために闘蛇を操り、戦ってきた大公に分かれてしまった国を巡る陰謀。闘蛇の天敵である王獣を、ただ一人操ることのできるエリンは、しかし、本来ならば生まれることのない霧の民との混血児であり、霧の民であった母は己の命さえ失うほどの強固な戒めに縛られていた。人に育てられた王獣も闘蛇も自然のものとはあまりに違うことに気づいたエリンは、自分の信じるやり方でリランを育てたが、それもまた母の守ろうとした戒めを破るものであると、その時の彼女は知らなかったのだ…。

壮大なスケールのファンタジー。いつもながら、異世界の設定がお上手で、話の中で語られていくのでどっぷり浸ることができます。
しかし、エリンが王獣や闘蛇が自然の状態と違うからといって、母の同族に戒められてもなお、自分のやり方を押し通し、結果的に、別の理由で最悪の状態を回避はされたものの、引き起こしかねなかった事態を思うと、やはり世間知らずの小娘の浅はかさかな~というのがあくまでもエリン視点なもので、ちと気になりました。人に飼われた瞬間から野生と同じというのはあり得んと思います。できるだけ近づけたいという気持ちはわかりますが、それが引き起こした事態を知ってもなお改めようとしないのはどうなのかと。いくら野生に近くといっても、そんな理由は王獣や闘蛇にしてみれば、人間の自己満足に過ぎんわけで、武器として使う限り、それは最悪の事態をいつでも引き起こすわけで、釈然としないものが残りました。

かくなる上は「天と地の守人」が読みたいわけだが、図書館に入れてもらえない。買うのか? 3冊どうしようかな…

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
3
10 13 14
15 16 17 19 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]