忍者ブログ
[531] [530] [529] [528] [527] [526] [525] [524] [523] [522] [521]
横溝正史著。角川文庫。

没落貴族、椿英輔子爵の謎の自死が、六本木の椿家を恐るべき連続殺人事件に巻き込んでいく。椿子爵の娘、美禰子の依頼で椿家を訪れた金田一耕助は、この謎を解けるのか。椿子爵の遺書に記された「これ以上の屈辱、不名誉」とは何を指すのか? 椿子爵の吹きこんだレコード「悪魔が来りて笛を吹く」は何を意味するのか? 自死したはずの椿子爵がその夫人の前にたびたび姿を現す。彼は生きているのか? 恐るべき毒殺事件、天銀堂事件と椿子爵の関わりは?

これも映画化されて、金田一耕助役を西田敏行がやったと思ったんだけど、「悪魔が来りて笛を吹く」のメロディーは覚えていても、犯人役も動機もきれいに忘れておりました。うーん、そんなに印象なかったのかな? 先に「八つ墓村」見たんかいな。理由がいまだにわかりませんが、おかげで最後まで謎がわからず、楽しく読めました。

そう言えば、映画の等々力警部は「よしわかった!」というのが口癖だったと記憶しとるんですが、小説のはそこまで砕けたキャラではないのね。金田一さんが頭をぼりぼり、ふけがぱらぱら、というのは映像物とさほど変わらんのだが。これは歴代の「ホームズ物」で、ワトスン先生が3枚目をさせられてきたのに通じるところがあるんだろーか?
横溝正史といったら、
・旧家で名家
・実は金田一さんと警察以外のほとんどの人物が血縁関係にある
・犯人が殺したい奴を全部殺すまで金田一さんは犯人を当てられない(げほげほ)
というお約束があると記憶しとるんですけど、そのお約束を読みたかったんで、期待どおり。

続いて「獄門島」を読む所存。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4 5
7 8 9 10
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]