忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
数々の歌謡曲、ヒット曲を世に生み出された作曲家の平尾昌晃さんが亡くなられたそうで驚いています。

「よこはま・たそがれ」とか「瀬戸の花嫁」なんか空で歌えちゃう世代なもんですが、「銀河鉄道999(TV版)」とか「誰がために」などが好きでした。「必殺仕事人」のテーマ曲なんかも手がけられたそうで、改めて、その作風の広さに恐れ入ってしまいます。

ご冥福をお祈りします。

拍手[0回]

PR
山本周五郎著。新潮文庫刊。

とりどりの時代物と現代物2作を収めた短編集です。

表題作のほか、「宗太兄弟の悲劇」「秋風不帰」「矢押の樋」「愚鈍物語」「明暗嫁問答」「椿説女嫌い」「花匂う」「蘭」「渡の求婚」「出来ていた青」「酒・盃・徳利」の11編が収められてます。

現代物のうち「出来ていた青」は推理物ですが、推理の過程が少々唐突のきらいがあります。ただ、山本さんは「寝ぼけ署長」というミステリの短編集だったかもあるらしいので、ミステリにはそれなりに興味があったようですが、殺されたヒロインが性的に堕落していたという設定が再三語られるのがかなりくどく、いまいち。
「酒・盃・徳利」は、落ちもないような話でしたが、どうやら貧乏な青年に託した私小説っぽいです。ただ、いまだに「青べか物語」に食指が動かないのは、この方の現代物にはあんまり興味が湧かないからなので、半分くらい愚痴のようなこの話もおもしろくなく。

「宗太兄弟の悲劇」「秋風不帰」「矢押の樋」「蘭」が武家物で、武家ならではの悲劇が主題な感じ。特に巻頭の「宗太兄弟」は、ちょっと酒癖の悪い親父を持ってしまった兄弟の敵討ちの悲劇が「阿部一族」なんかとはまた違った感じの悲劇。
「蘭」は、親友のために犠牲になる友情とかも感じられます。
「矢押の樋」は軽率に振る舞う武士が命を賭して藩を救う話で、こういう「能ある鷹は爪を隠す」はけっこうお好きだったのかなと。

「愚鈍物語」「明暗嫁問答」「椿説女嫌い」「花匂う」「渡の求婚」はそれぞれ武士が嫁を娶る話なんですが、頑固な叔父を説得すべくあの手この手の「明暗嫁問答」ではヒロイン、お笛さんの凛とした美しさが良く、山本ヒロインではわりとよくある感じ。
「愚鈍物語」も「愚鈍」と言われた主人公の話は「矢押の樋」に通じる部分もありますが、もっとユーモラス。
「椿説女嫌い」になっちゃうと、女嫌いの勘定奉行と強面のお局がなんだかんだで結ばれちゃう話がまたユーモア満載。
表題作の「花匂う」は、想っていた女性を親友に譲った主人公が、親友の死後、彼女と結ばれるくだりを叙情たっぷりに描いた秀作。
「渡の求婚」は天邪鬼な渡を求婚させるために周囲が骨を折るユーモアと、わりとユーモア系が多かったりしました。

多くの話が戦中の作で、戦争中も意欲的に発表していた周五郎さんの作家としての姿勢がうかがえます。

拍手[0回]

監督:三池崇史
出演:銘苅一基(大沢たかお)、白岩篤子(松嶋菜々子)、蜷川隆興(山崎努)、清丸国秀(藤原竜也)、奥村武(岸谷五朗)、関谷賢示(伊武雅刀)、神箸正樹(永山絢斗)、ほか
原作:木内一裕
日本、2013年

うちの親が見ているのにつき合ってまるっと見てしまいました。ただ監督が三池崇史だとわかってたんで、最近、特に漫画やアニメの実写映画化で評判が悪いので期待してなかったのですが、それ以下の出来でしたが、原作があると知って、そのざるな設定にかなりがっかりです。

仮釈放中の身でありながら幼女を殺した罪に問われた容疑者・清丸国秀の命に、被害者の祖父・蜷川隆興が10億の身代金をかけた。SPの銘苅一基と部下の白岩篤子は、警視庁の奥村武、神箸正樹、福岡県警の関谷賢示と協力して自首してきた清丸を福岡から警視庁に移送する任務を命じられる。しかし、蜷川が清丸殺害を広言したことで一攫千金を狙う一般市民だけでなく、移送に協力するはずの警察の中にまで清丸の命を狙う者が現れてしまう…。

というわけで凶悪犯を守るSP対一般市民(キャッチコピーでは日本国民1億2000万とか言ってましたが、全員がそんな発想になるわけはないので、その時点ですでにおかしい)という話なんですけど、

・SPの銘苅だけ防弾チョッキを着ていたのに、白岩と神箸が着てないで射殺されたのはおかしい。
・最初、何十台ものパトカーに守らせて護送しようとしていたけど、場所を特定されていたので新幹線に切り替え、それもばれて最後はタクシーとか、計画性のなさ過ぎる移送がひどい。警視庁ならヘリコプターで移送すれば速いはずだし、新聞社とかヘリを持っていても、ゴルゴじゃあるまいし、ヘリから清丸を狙えるスナイパーがいるとも思えない。

という辺りがひどかったです。

カンヌで酷評されたそうなんですが、脚本のざるを訂正すれば、それなりに見られる、むしろ、一石を投じられる映画になれたと思うので、つくづく、設定の甘さがもったいないと思いました。

拍手[0回]

明著。GANMA掲載。

タイトルはこの世界の言葉で「光」って意味です。

ヨーロッパ風の世界を舞台に、癒者(ゆじゃ)を目指す少女ティナの成長を描いた熱血医療漫画です。完結してるので今から読んでも大丈夫! ファンタジーでは治療というと魔法の領分だったりしますが、この漫画、医者が別にいて、けっこう高度な手術もやるし、工場もあるのでそれなりに文明は高かったりします。癒術師というのは医者とは違った治療の技術を持った専門職で、ティナがそれを志し、そのための学校に通い、いろいろな人と出会い、成長していく過程を丁寧に熱く綴った漫画でして、まぁ、何度、涙を絞られたかわからないほどの熱い展開でした。

しかも登場人物が主人公のティナを始め、その姉で検事、癒者嫌いのララ、亡くなったティナの両親、ティナの同級生のアルとマルケ、先輩たち、患者さんたち、大先輩たちに加えて、登場時は悪役っぽかったのに、実は誰よりも熱い情熱の持ち主で実はティナの父とも知り合いで、ティナを導く役割も果たす医師のユリウスがティナを喰っちゃうぐらいの存在感を発揮してまして、最後まで目が離せないのです。

わしはティナのお姉さんのララが好きで、第1話から読み始めた時に、ティナが癒者になるのは反対しているけど、でもティナは癒者になろうとするから、一緒に行く辺りから、もうほんとにツボで、そのララがどうして癒者嫌いになったのか、父の冤罪を晴らそうとして戦う姿とか、思わぬところで警護団の団長さんと恋に落ちちゃう話とか、姉妹にとって同郷の幼なじみで、ティナにとっては大先輩にも当たるサクラちゃん(が、これまた飛ぶチーターを乗りこなしてて、格好いい)が来るのに顔をしかめたりとか、ララのエピソードが全部好きでした。なので次に好きなのはサクラちゃんだったりします。

そして、医療物だと忘れてはならないのは患者さんですが、お年寄りのジルバさんのエピソードが最初から最期(最後の間違いにあらず)まで涙腺を刺激しまくりまして、良かったのでした。

世界観もしっかりしているので、是非、同じ世界で別の漫画描いてくれないかな〜とGANMAで復活をいちばん待ってる漫画家さんです。

スマホのアプリでも読めますが、たぶん、Webでもいけるはず。

近年稀に見る感動大作。

拍手[0回]

1階

下へ
2階

1
下へ
1 キングマント

3階

ボス
12
1 なぞのマスク
2 ボスへのカギ

拍手[0回]

日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
11 12 14 15
16 17 19 21 22
23 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]