忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
監督:チェ=ソンヒョン
出演:キム=ジョハ(イ=ビョンホン)、オ=ジンテ(パク=ジョンミン)、ジュ=インスク(ユン=ジョヨン)、ほか
見たところ:桜坂劇場
韓国、2018年

イ=ビョンホン出演(というか、ほとんど主役)のためもあり、場内はそのファンっぽいおばちゃんで盛況でした。わしはどうしても「JSA」のイメージが抜けないので若造扱いしちゃうんですけど。

元プロボクサーで東洋チャンピオンだったキム=ジョハは、今や定職を探し、住む場所にも困る身の上だった。旧友を訪ねたジョハは、そこで17年前に自身を捨てた母親に再会し、サヴァン症候群の弟ジンテと初めて会い、二人の暮らす家に転がり込む。ジョハの父は家族に乱暴を働き、今は刑務所に収監されていたが、ジョハは中学生だった自分を捨てた母親を恨んでいた。一方、母の愛を独り占めするジンテは26歳にもなるのに一人で暮らせぬ自閉症を抱えていたが、一度聴いた音楽は忘れず、ピアノでそのとおりに弾きこなせるという天才的な腕前を持ってもいた。自閉症のジンテに苛立ち、戸惑いながら、ジョハは母や弟と次第に家族になっていくが、ある日、ジンテのピアノコンクールを控えて、母が一ヶ月、釜山に仕事の手伝いに行くと言い出す…。

シナリオ、ちょっと狙いすぎかなと思いました。まぁ、母親に捨てられた兄と、その母の愛を一身に受けた障碍者の弟という構図の時点で感動物なのは目に見えていたんですけど、ちょっと都合良く行きすぎかなぁと。

同じような自閉症の子どもを抱え、先立つ親(とさりげなくネタバレ)ですと「海洋天堂」という傑作がございまして、まぁ、あちらは一人っ子なので単純に比較もできないんですが、大福は泳ぎはすこぶる得意で、水族館でも閉館後に水槽で泳ぐほど泳ぎが好きだったりしましたが、あれって実生活ではそれほど役に立つものじゃありませんよね。いわゆる天才ではなかったんですよ。まぁ、だからかもしれませんが、お父さんは自分が死んだ後の大福を心配して、最初こそ心中しようとしたものの、生き延びちゃったんで考えを改め、大福が一人で生きていけるように心を配った、その過程がスター性を見事に消したジェット=リーの名演で泣ける展開になったわけでありますが、ジンテはピアノの天才な上に、ジョハをはねたのがピアニストで彼女が訳ありで…とネタバレなんで伏せますけど、話がいくら何でもできすぎじゃないかと。そこがちょっと物足りなかったです。

イ=ビョンホンは作中では「40歳」とか言ってましたが、実際はもうアラフィフなんですけど、まぁ、違和感がないのはやっぱり若い顔(童顔というわけではないんですけど)だからなんでしょうね。ただ、親父に面会に行く前にジンテのピアノを壊しちゃったのは、あれ、むしゃくしゃしてやった、なんでしょうか。理由がいまいちわからなかったんですが。あと、ラスト、カナダに行くのは止めたんでしょうか?
ただ、刑務所に収監された父親に「出てくるな。自分と母の前に顔を出したら、殴られた分だけ殴ってやる」と宣言したところはなかなか良かったです。

ジンテ役のパク=ジョンミンさんは「空と風と星の詩人~尹東柱の生涯~」でソン=モンギュさん役だったそうですが、確かに面影あるわ… ピアノの演奏シーンが全部吹き替えなしというところに根性を見ました。

お母さんはジョハに罪悪感を感じつつ、でもジンテのが可愛いので何かあるとジョハを怒るというのはちょっと単調かなぁと思いました。それが2回も続くとちょっとつまらなかったですね。

粗筋だけで大まかな筋は読めてしまうので、もうちょっとひねりというか、欲しかったなぁと思ったので、これは凡作でした。イ=ビョンホン頼みというか…

たんぽこ通信 映画五十音リスト

拍手[0回]

PR
中里介山著。ちくま文庫だと全20巻。

青空文庫にあったので手持ちぶさたな時に読み続けてます。青空文庫だと「〜の巻」でファイルが分けられて40ぐらいあるのですが、ただいま14部「お銀様の巻」まで来ました。

前に映画も見たのですが、新撰組が出ていたので驚いていたら、もともとこの話、幕末が始まりだったんですね。現在はほとんど出てきませんが。
ただ、だんだん主人公の机竜之介は登場しなくなり(まったく登場しない部もあり)、芸人や竜之介を仇と狙う若武者、竜之介にかつて祖父(父だっけ?)を斬られた娘、あくどい旗本、きれいな旗本、訳ありの泥棒だの、町医者だの、小悪党だの悪女だの、もう、ありとあらゆる人物の登場で大群像劇になってきました。犬まで主要な人物に数えられるとか、何でもありです。

いまのところ、あんまり頭は良くないし、背丈は子ども並みだけど槍の名手の宇治山田の米友がけっこういいキャラで気に入ってます。わりと鉄牛ぽいという…
しかし幼なじみのお君が身分違いの恋にぼうぼうに燃え上がっちゃってるんで、その忠犬ムクとともにどうなるやら…

だいたい登場人物で「めでたし」で退場した人物がいまのところ皆無なんで、まぁ、酔っぱらいの道庵先生(町医者)はそれなりに幸せそうですが…

竜之介も失明したり、甲府で辻斬りやったりしてますが、この人、妙に女性にもてるもんで、最初の嫁は切り捨て、2番目の女に先立たれ、3番目だけしっかりしてたのと短かったので害をなさず、今は悪徳旗本・神尾主膳と婚約しそうになったけど家宝の刀を取り上げられたことを知って逃げ出し、たまたま竜之介の居場所に閉じ込められていたので竜之介とかその他大勢>(越えられない壁)>神尾主膳となっちゃった富豪の娘・お銀様(部のタイトルロール)になつかれてますが、この人も薄命に終わるんじゃろうか… 子どものころに顔に火傷をしたため、かなりへその曲がった性格になっちゃってますが、悪い人ではないんですけど、それを言ったら、竜之介の嫁は全部悪い人じゃなかったんで… 典型的な悪女のお絹は神尾主膳に鞍替えしたっぽいし…

作者の死とともに未完に終わった上、話の方向性もこの後、大乗仏教に向かったりと迷走してるようなんですけど、けっこうおもしろいので読み続けるつもりです。

拍手[0回]

主催:沖縄戦・精神保健研究会
場所:南風原文化センター

主題が「もう1つの沖縄戦」で、今回のテーマが「戦後の性暴力と向き合う」なんじゃないかと思いますが、初めての参加なんで、間違ってたらごめんして。

二人のパネリストの講演が前半、司会を交えて三人のトークが後半でした。
最初のパネリスト、高里鈴代さんのはテーマがもろでしたが、もう一人のパネリスト、森亜紀子さんのは「南洋群島への沖縄移民」が元々の研究テーマらしく、「沖縄戦」につなげるにはちょっと無理矢理感というか、そこに至るまでの語りが長くて最後は駆け足になっちゃって、その前の自分語りを端折って、沖縄移民の方々が接したサイパンやテニアンなどの戦争に時間をかければ良かったのになぁと思いました。特にペリリューとかサイパンなんか、太平洋戦争でも激戦で知られとるわけじゃないですか(「狂気の戦場 ペリリュー〜“忘れられた島の記録”」とか)。そこでの性暴力なんかを突っ込めば、いい感じだったのになぁと思わなくもありません。

それにしても沖縄にも慰安所が145ヶ所(部隊の移動とともに作られたので延べ数。一度にこれだけ存在したわけではないそう)もあったのは「赤瓦の家」を読んで多少は知っていたものの、日本軍の性に対する無節操さというか何というか、とことん情けないなぁと思いました。というのも戦場に強姦とかつきものだと思うんですけど、ここまで軍と性を結びつけられるのって世界史的に見ても日本軍以外に思いつかないんですが… だいたい慰安所なんて考えたのも日本だけだし、ナチスも強制収容所でのレイプとか聞くけど、ここまでだったかと言われると… とことん情けない… という話をバス待ってるあいだに会ったおじさんとしたら「冷めてるねぇ」と言われましたけど、わし、日本軍って=三光作戦なもんで… 誰か、そういう比較をした研究とかしてたら読んでみたいです。ほんとに…

あと昨年、ノーベル平和賞を受賞したコンゴの産婦人科医ドニ=ムクウェゲ医師の映画は「女を修理する男(センスのない邦題ですネ…)」でしたが、気になるところです。

さらに「夕凪の街桜の国」や「この世界の片隅に」、「ぴっぴら帳」「こっこさん」など、数々の名作で感動させてくれたこうの史代さんがあまりに無批判な呉市の宣伝ポスターを描いていたことなぞを知ったのも収穫でした。しかし、いまさら呉に行って大和ミュージアムなんぞに行きたくもなく… 遊就館とか知覧の特効会館みたいな施設らしいんで、金をどぶに捨てるとわかってて行くのはいやじゃ…

私語がうるさかったけど、受付も騒がしかったのは嫌でした。

質問が出なかったせいか、アイルランドから参加したというおばちゃんの自分語りを聞かされたのはしょうもないと思いました。だいたいにおいて、質問タイムでちゃんとした質問した奴を聞いたことがない。たいがいの連中は自分語りで終わるんで… 質問タイムを設ける必要性に疑問を感じます。

総合的には行って良かったと思ったので、また機会があったら参加すると思います。

拍手[0回]

埴谷雄高著。講談社刊。全2巻?

ネットで調べたら第9章まであるらしく、この本は6章で終わってるのでまだ続きがありそうな感じです。

相変わらず、三輪与志、首猛夫、黒川健吉、三輪高志が観念的なことを話し続けている2巻目です。

作中では黒川健吉が三輪与志が考えていることを、さも高尚な風に津田夫人(三輪与志の婚約者・津田安寿子の母親)に語ったりしてますけど、稼ぎ頭の父親も亡く、兄は寝たきりの病人、母親は専業主婦な家庭で、まともに働かずに考えてるだけでよく食っていけるなぁと思うと、恵まれた家庭なんですネ。
それを言ったら首猛夫も黒川健吉も労働者ではないっぽく、彼らの言う「革命」って誰のためなんでしょうかネ。

あと、三輪高志が語った元恋人の死にまつわる過去話以外は、全部空想の話だということがわかったので、読む方もだいぶ気楽になりました。そういうところが高く評価されたらしい小説なんですが、わしは作中の津田夫人並みの俗物なんで、登場人物たちが語ってることが理解できませんが、津田夫人ばりに自分にわかるようにかみ砕いちゃって無理クリ理解しようとも思わないので、スルーです ┐(´ー`)┌ ←こんな心境。

比喩とか暗喩が大量に使われていて、ただの川上りが壮大な光のページェントを遡る過程になってしまうところなんかはすごいと思いました(←一応褒めてるつもり)。ただ、橋の形を描写する「伏せた兜の形に似た」という文句が何度も出てくるの、くどいなぁとも感じました。

拍手[0回]

茨木のり子著。宮崎治編。花神社刊。

「りゅうりぇんれんの物語」を読みたくて借りてきました。あとはパラ見して返そうかと思ったんですが、「韓国現代詩選」がなかなか良かったので全部読みましたが、詩集はあんまり読まないので…

ほかに良かったのは「うしろめたい拍手」「くりかえしのうた」でした。夫を追悼した詩は著者が生前には未発表でしたが、「全詩集」とのことで発表はしたけど著作にも入れなかった詩と合わせて甥だという編者が入れたものなので、甘ったるく、べたべたな感じでした。まぁ、仲良しな夫婦だったのは伝わったけど、良かった3本の詩に比べると批判性は皆無でした。おのろけと言ってもいいでしょう。やっぱり、著者が「出したくない」と言ったものは出しちゃいけないのだと、最初に「編者あとがき」を読んで思いました。これには山本周五郎さんが生前は単行本に収めなかった小説(主に戦前の)を死後、新潮社などがばんばん出しているのを見るにつけ、そのレベルの低さを知ってるので、やっぱりなぁという感じです。著者にしてみれば不本意な「全詩集」なんだと思います。

拍手[0回]

日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2
9 10 11 12
16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
(06/14)
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
いつでも里親募集中
脱原発意思表示Webステッカー
バタリーケージの卵を食べたくない!キャンペーン
忍者ブログ [PR]