忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
星野之宣著。潮出版社刊。全6巻。

「2001夜物語」「ブルーホール」などのSFを描かれた星野さんのSF漫画です。現代の沖縄・久高島と古代の邪馬台国を結ぶ壮大なスケールは日本全体を巻き込むカタストロフへと進んでいきます。ただ、沖縄で最高の聖域とされる久高島を卑弥呼の後継にしてしまったのはちょっと受け入れがたいと思いましたし、中盤で日本にマツリを復活させる依代として戦艦大和を選んだのも抵抗を感じました。

確かに、わしは子どもの頃はテレビ版の「宇宙戦艦ヤマト」に熱中した世代ですので、そのオリジナルであるヤマトが蘇るのは一瞬、わくわくしてしまうのですが、あの時代、大和などというものを作らずにさっさと降伏していれば、沖縄もヒロシマ・ナガサキもなかったという立場から言えば、そんなものが復活して、米軍基地を攻撃するのを見て熱狂する日本人というのは受け入れがたいわけです。

さらに順番が逆になりましたが、久高島は「イザイホウ 神の島・久高島の祭祀」に紹介されていたとおり、創世神アマミキヨが最初に下りた聖地なのですね、沖縄では。それも最高位。そのアマミキヨをアマテラスと同視し、かつ卑弥呼の巫女団が逃れてきたのでは、あまりに沖縄の地位を貶めていないかと思ったのです。ていうか、貶めたんだと思うのです。それはあんまりじゃないかと。
そして縄文人の末裔をアイヌと沖縄にしたというところとか、あんまりミニマム過ぎるんじゃないかと。

そんなことを思って読んでいました。

拍手[0回]

PR
池上永一原作。栗原まもる作画。KC Kissコミック刊。全5巻。

いろいろあって県立博物館・美術館に行ったら、資料を読めるコーナーがあったので10冊ほど乱読してきました。

石垣島を舞台にした少女漫画ですが、シリアスな展開をフジおばぁが登場するとぶち壊すという独特の雰囲気を持った漫画でした。島の存続に関わる問題なのに… ラストがちょっとページが足りず、わかりづらかったかも。

石垣島の高校生・比嘉武志は、フジおばぁの企みで妖怪火を目撃してマブイを落としてしまう。しかも妖怪火の正体は200年以上もマブイになって彷徨うピシャーマという若い娘だった。「マブイを落としたら次の誕生日までに見つけないと死んでしまう」と言われているにもかかわらず、ピシャーマに一目惚れしてしまった武志はピシャーマの願いをかなえるために奔走する。だがそれは、島を襲う未曾有の危機の前触れであった…。

タイトルの「風車祭」とは、97歳の誕生日を迎えたお年寄りがお祝いする儀式で、くだんのフジおばぁが何よりも楽しみにしている「人生最大のイベント」です。いやいや、97歳まで生きるというのがそもそも大変なんでしょうが、長寿でならす沖縄ならではか… しかし、そもそも何で97歳と半端な年齢なのか不明。まぁ、フジおばぁは96歳と風車祭を翌年に控えている長寿だし、そのキャラも強欲・我が儘・独りよがりと揃っていれば、余裕で迎えられそうな気がします。実際、最後はフジおばぁの風車祭でエンドでしたし。
しかし、このフジおばぁが未曾有の危機を迎えた石垣島の最後の頼みだっていうんだから、さあ、大変。島の神女たちの苦労が忍ばれますわ…

未曾有の危機というのが、津波や地震に始まって、豊作を願う豊作祭(プーリー)でも「来年の種はない」と言われた、島の存在に関わる問題なのですが、終始シリアスなホールザーマイ(島の神職の最高位にあるおばぁ。名前出ず)とフジおばぁが同時に登場するとフジおばぁの破壊力たるや最たるもので、全てを一気にぶち壊すという…

なので、この話、主人公というか狂言回しは武志なんですけど、真の主役はやっぱりフジおばぁなんでしょう。

原作の小説だとフジおばぁの破壊力は作画に負うところも大きいと思うので、大したことなさそうな気もします。読んでないけど。

拍手[0回]

尾瀬あきら著。ビッグコミックス刊。全8巻。

過疎の島、唄美島で唯一の小学校が廃校になるのを阻止したのは6歳の少年、照屋光だった。海が大好きな光は島中の人びとに見守られて成長していく…。

というのが当初の粗筋だったんですけど、3巻あたりから話が子ども中心になって、そのうちに不登校児童にスイッチ。いい話なんだけど、何か泣かされてる展開なのが姑息だと思いました。

光たちを呼んだ大人たちには子どもたちを利用しているという意識がいつもぬぐえないわけです。それでも子どもたちの笑顔が、不登校だった子どもたちが学校に通えるようになることで応えてくれる。でも自分たちのために子どもを利用しているという意識は決してぬぐえることはない。
その矛盾から中盤から目を逸らしてしまったような気がします。それは子どもだけじゃない、今を生きる全ての人びとの課題でもあるわけですから。

安易にお涙頂戴に走っちゃったなぁというのが読後感。

そして図書館が徒歩圏内だと発見したことが最大の収穫な上、「太白山脈」が全巻置いてあって、ウハウハでした。

拍手[0回]

原作:田亀源五郎
出演:弥一・涼二(佐藤隆太)、マイク(把瑠都)、夏菜(根元真陽)、夏樹(中村ゆり)、カトやん(野間口徹)、ほか

ゲイ漫画家、田亀源五郎が初めて一般誌に書いた漫画をドラマ化したもので、地上波でかかってたのを第1話の途中から見ました。

娘の夏菜と暮らすシングルファーザーの弥一のもとにカナダから弟の夫だというマイク=フラナガンが訪ねてくる。弥一の双子の弟、涼二はカナダでマイクと結婚したが、昨年、亡くなったのだ。外国人の叔父さんに興味津々の夏菜とは対照的にマイクを煙たく思う弥一だったが、自らの偏見と向き合ううちに、いつかマイクを家族だと思えるようになっていくのだった。

噂は聞いていたんですが、期待以上にいい出来のドラマだったと思います。特に原作そっくりのマイクと、素直な夏菜ちゃんが上出来で、ハートフルなドラマに仕上がっていました。
原作よりも弥一は細い感じでしたが(原作では作者の好きそうなガチムチだったので)逆にニュートラルな感じが良かったと思いました。

全4巻の原作を3話に縮めた分、弥一と夏樹が離婚した理由がいまいちわかりづらいくらい、夫婦円満に見えましたが、まぁ、話の都合上、しょうがないのかなと思えてしまったのが欠点と言えば欠点か。

夏菜ちゃんの友だちのユキちゃんの母親が偏見を見せていたのに娘には偏見のないのが頼もしかったです。
あと、夏樹が「家族でしょ」とあっさり言ってのけるたくましさなんかも好感が持てました。

いいドラマでした。

拍手[0回]

第3話を見そびれる…

サブタイトルは「死神」で、どうやら第2話ラストに登場した鶴見中尉の出番は第4話まで引っ張ったくさいです。ここら辺、単行本持ってないからちゃんと覚えてない。で、前話ではアシリパさんの村に杉元が連れていかれたのだな。

しかし、祖母と2人暮らしで、レタラと名づけた狼を失ったアシリパさんを、これ以上、金塊探しに巻き込むことを後ろめたく思った杉元は一人で小樽の町に出ますが、鶴見中尉の部下に捕らえられてしまいます。団子の串を刺されても瞬き1つしない杉元の正体を鶴見中尉は見抜きますが、まぁ、これは単なる嫌がらせで最初からわかってやってるよね、この人は。

一方、杉元がいなくなったことを知ったアシリパさんはレタラを召喚して追跡を開始します。アシリパさんは12、3歳ぐらいと若い設定ですが、アイヌの女性は成人すると唇の周りに入れ墨を入れる習慣があるので、それを作者が嫌がったんでしょう。ただ、亡き父に教わった狩りの腕前を持つアシリパさんは、名前のとおり、わりと自立した戦う女性と描かれます。それでも祖母と暮らす村に帰ったことで、オソマちゃんの父に「アシリパは子どもだ」と言われたことや、アシリパさんの祖母にお願いされたことで、杉元は「不死身」と二つ名がついているくらいですから戦場では鬼神の如き戦いぶりで、「死んだら地獄行き」と言われた時も「それなら自分は特等席だ」と言ってるので、その目的は幼なじみの嫁で初恋の相手でもある梅子の目を治すためですが、自分の行く道が血塗られているという自覚もあるので、そこにアシリパさんを巻き込むまいとするんですね。ここら辺の杉元の不器用な優しさが、巻が進むにつれて、だんだんエスカレートしていく感じもいいんですけど、いまはまだ出会ったばかりの二人なんで、杉元はアシリパさんの元を離れようとするんですが、アシリパさんは探そうとするわけです。まぁ、杉元の探す金塊はアシリパさんの父親が手に入れようとしたものという裏もありますんで、父親の仇討ちを彼女は意識しているんでしょう。

レタラに杉元の靴下を嗅がせ、追跡したアシリパさんでしたが、たどり着いたのは脱獄王・白石のもとでした。次回でようやく白石が加わって、杉元奪還かな。
作中では白石はギャグパートが多く、いろいろとネタにされているキャラでもありますが、特技の脱獄などに関しては他の追随を許さないプロフェッショナルなところを見せる辺りが杉元と並んで好きな理由です。硬派と軟派が揃ったキャラにはとことん弱い… 白石は軟派のが強めですけど。

拍手[0回]

日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 17 18 19
20 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
バタリーケージの卵を食べたくない!キャンペーン
忍者ブログ [PR]