忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
曽根富美子著。全2巻。エメラルドコミックス刊。宙出版。主婦と生活社。

1991年に「月刊ボニータ・イブ」に連載され、当時もそれなりに話題になった(なので買った)漫画ですが、2010年代に入ってネットでも注目された、北海道・室蘭にあった幕西遊郭で生きた女郎と、その娘を描いたレディコミ史上に燦然と輝く傑作です。

たきがはは御茶ノ水駅前の小さな本屋の地下でこの本を買い、以後、20年以上も大事に持ち、たまに読み返し、そのたびに涙をしぼられた漫画だったりします。

第1部は女郎となった梅(夕湖)、芸妓となった武子(九条)を中心に物語は進みますが、辛い展開です。どうしても目は梅の方に行きがちなんですが、武子も心中騒ぎを起こしたり、子どもを殺されたりしており、それでも毅然としているところがまた美しかったり。

第2部は主役が梅の娘、道生(みちお)に移りますが、時代がすっかり戦争に入っています。ただ、道生のばっちゃん(父方の祖母)の存在が第1部にはなかった笑いも生み出しているのが、ばっちゃんの最期と相まってまたいい感じです。

「あの女は幸せよ…
おまえがいるから あの女は生きていける
決して母を不幸だとは思うな
おまえを産んだんだ……
世界一幸せな母親よ」

っていうばっちゃんの最期の台詞が号泣ポイント。
道生のために大河内家を去った梅と、その梅の代わりに全身全霊で道生を守ったばっちゃんという2人の母親が交錯するシーンです。

その一方で梅を愛する道生のお父さん、鉄の職人、大河内茂世さんも、梅の初恋の相手で、今は特高に追われる中島聡一も格好良かったりします。またすっかり道生とは縁がない九条(武子)ですが、意外な形で道生に会っており、ここら辺もうまいとうならされます。

今ではネットで手軽に読めるそうなので、是非、読んでもらいたい傑作です。

拍手[0回]

PR
監督:ロバート=ゼメキス
原作:ウィンストン=グルーム
出演:フォレスト=ガンプ(トム=ハンクス)、ジェニー(ロビン=ライト)、ダン小隊長(ゲイリー=シニーズ)、フォレストの母(サリー=フィールド)、ババ(ミケルティ=ウィリアムソン)、フォレストの息子(ハーレイ・ジョエル=オスメント)、ほか
アメリカ、1994年

見たことがなかったんで見てみたんですが、ちょっとご都合主義がすぎるんじゃないか…

知能指数が75しかないけれど、純真な心と周囲の人びとの協力もあり、数々の成功を収めていくフォレスト=ガンプ(「ガンプ」は舞台となっているアラバマ州の方言で「薄のろ」の意)の半生を描く。

要するにこの話は薄のろフォレストという架空の人物に託したアメリカン・ドリームと、アメリカ現代史を振り返るような感じでした。
ただ、そこにエルヴィス=プレスリーに始まってケネディ以降の大統領が出たり、ベトナム戦争に行ってたりというラッキー以外では片づかないような要素ばかりが積み上げられるといい加減にげっぷが出るというものでして、いまいちでした。

あと、フォレストの名前は実在の人物であるネイサン・ベッドフォード=フォレストから取ったと初っぱなで説明されていたんですが、KKKの創始者を「英雄」とか言ってる時点で、この母親、駄目だろうと思った…

拍手[0回]

山本おさむ著。戸部良也原作。双葉社アクションコミックス刊。全10巻。

第3巻では光一に心臓障害があることがわかるのと、安永が命がけで沖縄高野連の理事長に直訴し、彼がぐれちゃった事情なんかも語られる巻です。
安永というのは野球部が創設された時に入部しようとしたけれど、高野連に加盟できず、公式試合もできないことを知って離れてしまう不良少年です。頭もリーゼント。ただ、入学式の前に野球部を希望する生徒たちが伊波先生を試験しようとするところで鋭い球を投げ込んでおり、素質はなかなか。この巻でも武明が安永の球を褒めるところとか、それが実は漁師だったお父さんに教わったものとかのエピソードがいいです。

わし的には安永の話が号泣必須ぽいんとでして、その心情が苦しい苦しい。そんな彼が乱暴な方法ではありましたけれど、理事長に直訴することで理事長の心を動かしていく。その流れは泣けるものがあります。
この巻では学校を退学して本土に行って働くと言ってますが、結局、野球部のレギュラーになります。

また光一に心臓障害があるという話は、さすがにメインのキャラクターであるだけに第24話で光一が倒れ、第25話で光一が不安を語り、その後、しばらく安永の話を挟んで第31話で明かされると語りも周到。泣かせることに関しては抜群のストーリーテラー、山本おさむ氏の手腕が光ります。

その一方でマネージャーの依頼を断った知花の事情と、口話に長けながら、そして手話は使わないと言っておきながら、両親を手話で「嫌い」と夜の海で一人つぶやく複雑な心情とか、作中でも屈指の美人さんなので、この先が楽しみだったり。

拍手[0回]

監督:サモ=ハン・キンポー
出演:ポット(サモ=ハン・キンポー)、ラン(フォン=ツィファン)、ワセリン(チャールス=チン)、カーリー(ジョン=シャム)、排気管(リチャード=ン)、カーリーの妹(チェリー=チェン)、刑事7086号(ジャッキー=チェン)、ほか
香港、1983年

ジャッキー=チェン主演のアクション・コメディ映画かと思ったら、タイトルどおり、主役はポット、ラン、ワセリン、カーリー、排気管の5人+カーリーの妹で、ジャッキーは主役ではなかったような…
五福星は主題歌にもなっているんで、ジャッキーは友情出演ぐらいに考えた方がいいのかもしれません。

けちな窃盗や詐欺で捕まり、刑務所の一室で意気投合したポット、ラン、ワセリン、カーリー、排気管の5人組。同時に刑務所を出された彼らは、カーリーの家に転がり込み、その妹とともに「五星清掃会社」を始める。偶然、仕事を請け負ったマフィアのチュウの屋敷を清掃した6人は、彼らが取引しようとしていた100ドル紙幣の偽札の原版を手に入れてしまい、チュウの手下に追われるが…。

ジャッキーがへっぽこ刑事として出演しているのですが、アクション色はわりと薄めです。まぁ、終盤、5人対マフィアの大乱戦になりますが、基本、アクションができるのはポットだけなので最後は捕まっちゃいますし。
ただ、ラストはジャッキー演じる刑事7086号(最後まで名無し)も、ポットも彼女をゲットして終わった辺りが、ジャッキーに気を遣ったと思えなくもない。

わしは中学生ぐらいの頃に同じ香港映画の「Mr. Boo!」を見て、大笑いしたんですが、その笑いとはちょっと違う系統かも。しかも亡き広川太一郎さんの吹き替えで爆笑したので、オリジナルは見てないかもしれません…

拍手[0回]

ダシール=ハメット著。村上啓夫訳。創元推理文庫刊。

ハードボイルドを確立した作家ダシール=ハメットの最高傑作と名高い推理物ですが、ボギー主演の映画も有名ですよね。

サンフランシスコに事務所を構える私立探偵サミュエル=スペイド。そこに妹を連れ戻したいと言ってニューヨークから来たワンダリーと名乗る女性が依頼に現れ、スペイドは相棒のマイルズ=アーチャーをフロイド=サースビーという男の尾行に行かせる。しかし、その夜のうちにマイルズとサースビーは殺されてしまい、警察は嫌疑をスペイドに向ける。いつかスペイドはマルタ騎士団が作製したと言われる黄金の鷹の争奪に巻き込まれていくのだった…。

わし、ハードボイルドというのは基本、船戸与一さんでしか読んだことがないので、どういう作風なのか、よく知りません。

読んだ感じでは、最初に思ったのは「ミステリ史上の最高傑作」って煽り文句がついていましたが、全然ミステリじゃなかったなぁってことでした。スペイドは私立探偵ですが、ホームズ先生みたいに捜査もしないし、金田一さんみたいに謎解きもあんまりしなかったからです。どちらかというと、黄金の鷹の事件に巻き込まれてはいるものの、積極的に動かず、それでも、最後に当事者が現れた時だけ主導権を握ってたところは主人公らしかったですが、私立探偵という感じではなかったもんで。
しかも、最後、相棒を殺した依頼人のオーショーネシー嬢を警察に突き出しちゃうあたりなんかは冷酷に振る舞ってたし、そこら辺のクールさがハードボイルドなのかと思ってみたり。

Wikiの解説なんか読むと「徹底して心理描写と説明を排した三人称カメラアイの簡潔な文体で構成され、登場人物が今何を考えているのか、どうしてそうするのかが地の文で明かされず、癖のある登場人物ともあいまって、やや読者を突き放した作風」がハードボイルドなんかなぁと。
そういう点でいきますと、「富豪の女にのみ優しい」というフィリップ=マーロウなんかはハードボイルドじゃないと主張した船戸さんの意見は当たってるのかもなぁとか。

スペイドがオーショーネシー嬢を警察に突き出す理由に「私立探偵のくせに相棒を殺されて、その犯人を警察に突き出さないのは云々」とか「女に甘いと思われるのは癪だ」とか理由をあげつらっていたところがいちばんおもしろかったです。元祖ハードボイルドはそう来るのかってところが。

拍手[0回]

日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]