忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
監督:アンドリュー=ラウ
出演:ラウ(アンディ=ラウ)、ヤン(トニー=レオン)、ヨン警視(レオン=ライ)、シェン(チェン=ダオミン)、サム(エリック=ツォン)、ウォン警視(アンソニー=ウォン)、キョン(チャップマン=トウ)、マリー(ラウの妻)(サミー=チェン)、マリー(サムの妻)(カリーナ=ラウ)、ほか
香港、2003年

香港ノワール「インファナル・アフェア」シリーズの最終作です。わし的にはラウ>ヤンだったので最後はちょっと納得いかない〜 というか3対1は卑怯だろ…

ヤンの殉職から10ヶ月後、マフィアのスパイという疑いをかけられたラウは庶務課に飛ばされたものの、疑いは晴れて内務調査課に戻ってきた。だが、新たに彼の前に立ちはだかったのは保安部のヨン警視、ヨンとサムとの会話が録音されたテープを発見したラウは、彼こそがサムの真の内通者との確信を強め、ヨンを追いつめようと暗躍する。一方でヤンの主治医だったドクター・リーに出会ったラウは、そのカルテを盗み見ることでヤンの足跡を追い、次第に精神的に追いつめられていくのだった…。

マフィアのスパイという過去を捨てて、嫁にはばれて離婚されちゃったけど、それ以外は無事に復職できたラウが、新たに立ちはだかったヨン相手に奮闘するんですが、こちらもラストまでなかなか素顔を見せませんで、でもやっぱり善人だったという落ちはいささかがっかりしました。

むしろ善人になろうとしたけどできなかった、させてもらえなかったラウは、確かにマフィアのスパイだったけど、まぁ、自分の保身のためにヤンを殺したし、ばれたんで部下も殺したけど、警察>(乗り越えられない壁)>マフィアというのはどうなんだと言いたいです。
なので、最後、ラウは助かりましたが車いすで再起不能な感じでして、もやもやが残りました。余生はせめて穏やかに暮らしてもらいたいです… ・゚・(つД`)・゚・

チェン=ダオミンさんはどっかで聞いた名前だと思ったら、そういや「英雄 HERO」で始皇帝の役、「妻への家路」で主演でした。両方ともチャン=イーモウ監督なんですけど、まだ「金陵十三釵」見てないや… (´・ω・`)

あちこちで書き散らかしておりますが、わしがラウに同情的なのは単にヤンよりも顔が好みだったという理由もありますが、ラウがマフィアのスパイという悪人だから、というのが主な理由です。それは、映画と現実をごっちゃにするなと言われそうですが、故大道寺雅司さんに共感し、同情したのと同じような理由です。善と悪というのは一見、両極端なものですが、そこまで単純なものでもないのはいまさら、わしが指摘するまでもないでしょう。むしろ、多分に「黒旗水滸伝(下)」の影響がありますが、わしは圧倒的にアナーキストやテロリストの側に立つ人間なので、一歩間違っていたら、あるいは生まれる時代が違っていたら、彼らと同じようなことをしなかったとは言えないのです。むしろ、舞台さえ整っていれば、進んでしただろうと思います。
なのでフィクションの世界とはいえ、「俺は警官だ」と言って善人づらしていて、殉職しても堂々と警官として立派な墓を建てられたヤンやヨンよりも、善人になりたいとあがくラウに同情しちゃうのでした。まぁ、ヤンやヨン、それにシェンには彼らなりの理由があるわけですが、だからといって3対1はどうかと思う〜 まぁ、そう考えると、ラウは再起不能となることでようやく無間地獄から逃れられたとも言えるので、それはそれで救いなのかなと思えなくもないのですが…

似たようなシチュエーションの「新しき世界」のイ=ジャソンが、ラスト、ヤクザの道(立場的にはヤンと同じなので)を選んだのはすがすがしくもあり、あれこそ無間地獄の始まりなのかもしれず、あちらはシリーズ物にもなりませんでしたが(ラウの立場の人物もいないし、関係者はジャソン以外はみんな、死んじゃったので)比較するとおもしろいなぁと思いました。


3月25日追記

後から気づいたことがあったので追加。
・ラウは救われていない。
ラスト、前作で殺されたマリーに撃たれるシーンで、彼の地獄は続いていることを示唆されてました Σ(゚д゚lll)ガーン

・ラウへの思い入れは「太陽がいっぱい(何度目か)」のトムに重ねたせいかも
アラン=ドロンの代表作「太陽がいっぱい」のトムとラウって似たような立場ですよね。ラウは殺した友だちの嫁まで奪おうとはしてないけど。
わしはあの映画でアラン=ドロンにすっ転んだので他のアラン=ドロンの映画より、ひときわ思い入れが強いんですが、ラウをトムに置き換えたら、自分のなかですとーんと納得したので、そういうことなんだろうと思いました。
ヨンと対決することになった時、ラウを撃ち殺さなかったヨンと、ヨンを撃ち殺したラウ、そこにラウが全然善人じゃなくて悪人なんだ、つまり人を殺すことを躊躇わないんだというレビューを読んだんですが、ラウの根っこが悪人で悪いのかと釈然としません。
むしろ、英雄として死後、祭り上げられたヤンやヨンよりも、悪人として全てを失い、それでも地獄を生き続けていかなければならないラウの方に同情します。

たんぽこ通信 映画五十音リスト

拍手[0回]

PR
監督:チェ=スンホ
見たところ:桜坂劇場
韓国、2017年

2008年から2017年まで韓国の権力の座にあったイ=ミョンバクとパク=クネ2人の大統領の保守政権によって、いかにKBSやYTN、MBCといった公共放送に弾圧が加えられていったかを綴ったドキュメンタリーです。

2017年に起きたセウォル号の沈没と、チェ=スンシルによる権力の私物化などによってパク=クネは逮捕され、今も裁判が続いていますが、こうやってメディアを統制しようとする政府は、大日本帝国の大本営などを見るまでもなく、必ず崩壊の一途をたどるのは歴史の教訓と言えます。まぁ、そこにちっとも学ぼうとしないのが日本の現政権なわけですけど、一億総右翼化してきた現在、日本の状況はたとえ安倍晋三が退陣したとしてもお先真っ暗な感が漂ってまして、そこは新自由主義のムン=ジェイン率いる韓国も似たような状況であることは言うまでもありません。
何にせよ、韓国も日本もお寒い状況であることに違いはないのですが、ただ、それでも、わしが思ったのは日本は韓国に一歩も二歩も遅れているということです。それだけは間違いない。

東京での観客動員はどうだったのか知りませんが、マスコミの偏向報道は身にしみているせいか、沖縄での客の入りはまずまずの感がありました。

そんなことを思いながら映画館を後にしました。

どうでもいいけど、公開中の映画の予告を流すのは反則だろ。志の輔うざい。

たんぽこ通信 映画五十音リスト

拍手[0回]

金庸著。岡崎由美監修。小島瑞紀訳。徳間書店刊。全7巻。

サブタイトルは「少林寺襲撃」です。

半分の巻を越えて、いろいろと勢力図がはっきり分かれてきました。正派vs邪派という単純なものではなくなってきて、正派のなかにも五剣嶽派の統一を目論む嵩山派の左冷禅や武林制覇の野望を抱く青城派の余滄海、ひいては主人公の元師父・岳不羣などの悪役もいれば、邪派にも豪傑と呼ぶに相応しい仁我行みたいな人物もいて、崋山派ではなくなった令狐冲は主に左冷禅や余滄海の野望を打ち砕くべく、東奔西走することになりそうです。
しかし、ここで盈盈と結ばれれば見た目にもいいカップルになりそうなのに、まだまだ岳霊珊に未練たっぷりの令狐冲、主人公としてはともかく、わしの好みでいったら仁我行や向問天、莫大先生には遥かに及びません。しかも、この巻のラストで、とうとうラスボスっぽい東方不敗が登場、次巻のタイトルも「妖人 東方不敗」ときては令狐冲の株も下がりまくるというものですが、まぁ、しょうがない。頑張れお若いのって心境です。

この巻では前巻のレビューでもちらっとネタバレしましたけど、恒山派の長老の残る2人が亡くなってしまい、令狐冲は総帥の定閒師太から恒山派の総帥になるよう遺言されて引き受けることになりますが、その前に自分の身代りに少林寺に幽閉された盈盈を助けに行くのが大きなパートです。
もっとも彼女は、すでに父の仁我行によって救出されており、令狐冲は逆に正派によって囲まれてしまいます。盈盈を「聖女」と崇める邪派の好漢の助太刀を得て、大勢で少林寺を襲撃した令狐冲でしたが、その若さゆえに未熟なところ(剣以外ぜんぶ)が裏目に出てしまいましたが、抜け道を見つけたことで事なきを得るのでした。そう、独狐九剣と吸星大法を身につけて剣技ではかなりの腕前に達した令狐冲でしたが、拳法はまるで素養がなく、知識もないため(何回も勉強が足りないみたいなことは言われてるので)、戦術も戦略もまるで疎いのです。逆に令狐冲がこれらを身につければ、それこそ鬼に金棒で、弱点がはっきりしてるので鍛えやすいのかもしれませんが、今はそれどころではありません。

その後、正派と邪派の長老同士の対決を影から見守ることになった令狐冲でしたが、その存在は仁我行にはお見通しで3対3の3人目として呼び出されてしまい、心ならずも岳不羣と戦うことになります。この時の岳不羣の往生際の悪さというか、師に手を出せない令狐冲の弱みにつけこんだ悪辣さというか、最後に令狐冲を蹴飛ばした時の勢いは、とうとう悪役確定になってしまいました。あらまぁ、大人げない。

恒山派の総帥としてお目見えとなった令狐冲、そもそもの始まり、林家を襲った原因と現在の武林を覆う暗雲を方証大師(少林派の総帥)と冲虚道人(武当派の総帥)から聞かされ、ゆくゆくは正派を束ねることを示唆され、一度は断るものの、引き受けざるを得なくなります。おお、ここんところは予想どおりの展開。それにしても1巻から探されていた辟邪剣譜が、崋山派が気功派と剣術派に分かれて争った遠因だったとは壮大な仕掛けになってきました。これ、確か、第3巻で一度は令狐冲が嵩山派から奪い返したはずなんですが、その後で気絶しちゃったんで今は岳不羣の手元にあるんじゃないかと思われます。それも、昔の秘技・癸花宝典までたどるというんですからスケールが大きい。

密談が終わったところで東方不敗の代理として令狐冲の総帥赴任の祝いに駆けつけた邪派が襲いかかってきましたが、盈盈の出現であっさり矛を収めます。ほんとに盈盈、スペック高いです。伊達に「聖女」とは呼ばれてません。そんな彼女が仁我行の後を追って東方不敗から日月神教の当主の座を取り戻しに行くというので、ともに発つ令狐冲。
令狐冲を囮についに日月神教の本拠地、黒木崖に向かった一行は東方不敗と対面したところでいよいよ、次巻、対決のようです。

拍手[0回]

監督:イム=グォンテク
出演:ユボン(キム=ミョンゴン)、ソンファ(オ=ジョンへ)、ドンホ(キム=ギュチル)、ナクサン(アン=ピョンギョン)、ほか
韓国、1993年

タイトルだけ聞いたことあったけど、見たことがなかった韓国映画がYouTubeで見られるってんで朝から鑑賞しましたが、芸術作品は難しい…



唄の峠と呼ばれる山奥に一人の男が現れる。彼はパンソリ唱者のユボンと、その養女ソンファの行方を捜していた。それはまだ朝鮮戦争前の時代、幼かったドンホの母は旅芸人の唱者ユボンと村を出るが、出産のために命を落とす。ドンホは太鼓奏者としてユボンのもとで修行を積み、ソンファのパンソリの伴奏に太鼓を叩くようになるが、生活は厳しく、西洋の音楽が入ってきたため、パンソリは忘れられつつあった。とうとうユボンのもとを去ったドンホだったが、漢方薬の仲買人になって各地を巡るうちに置いてきた養父と義姉のことが懐かしくなり、その消息を訊ねて廻っていた。いろいろな人に訊ねるうちに浮かび上がってきたのは芸を極めるために恨(ハン)を乗り越えようとする父と娘の壮絶な人生であった…。

芸のためなら女房も殺す〜♪という演歌がありましたが、まさにそんな世界です。なにしろドンホがうちを出て、唄えなくなったソンファを唄わせるために、ユボン、娘を盲目にしちゃうんですから。

あと、時代背景が李朝時代かと思ってたら、とっくに植民地にされた後で、でも日本語を強制されて、なんてシーンは出てこず、終盤、「戦争で住人がいなくなった」家にユボンとソンファが住みつく(たぶん、これが後の「唄の峠」)のも、さらっと朝鮮戦争の後っぽいのが語られてるだけで戦火に追われるユボンやソンファなんてシーンもありません。これはユボンやソンファたちが旅芸人であり、社会的には最下層の身分だったためもあって時代性を徹底的に廃しているんでしょう。服装が民族服から洋服が多くなっていくのが時代の移り変わりを表しているとも言えますが。

親子が始終旅をしているので、ロードムービーばりに四季の風景も描かれますが、舞台は全羅道が主で、そもそもパンソリの唱法である西便制も、その地域で主流だそうです。

しかし、芸術作品はよくわからん…

とか思ってぐぐっていたら、目から鱗の記事を見つけました。

映画「西便制」の言わなかったこと

あああ、その視点はなかった…

3人とも血のつながりはないわけだしなぁ…と思いましたけど、その裏を詮索するのはもっと考えないといけませんね。

たんぽこ通信 映画五十音リスト

拍手[0回]

つい先日、「鶏肉を食べる最適解を見つけてしまった」という記事を書いたばかりなんですが、マッサも負けず劣らず美味いです。

では、そのマッサとは何でしょう?

ポルトガルの調味料で材料はなんと2つ(レシピによる)。塩とパプリカです。正式な名称は「マッサ・デ・ピメント」とか「ピメンタオン」とか言うようですが、縮めてマッサ。密林なんかでも買えますが170gで900円と安くなく、簡単に作れるっていうんだから作らないわけにはいきますまい。

参考にしたレシピはこちら。5つのレシピが紹介されていますが、独り暮らしにいきなり2.2kgもの塩を使うレシピは荷が重いです。万が一、お口に合わなかったことを考えるとほどほどの量が無難です。で、いちばん手間がかからないというレシピを使いました。

材料
赤パプリカ

オリーブオイル

量が書いてありません。下の方にパプリカ1個に塩大2とあったので、そうします。パプリカを2個買ってきたのでレシピのとおり、6等分にして、塩をまぶして硝子瓶に入れて後は放置します。

例によって、わしがレシピと勝手に変えたところは以下。

レシピだと、この後、冷蔵庫で2日放置し、パプリカから出た水を拭き取り、オリーブオイルを適量加えてフードプロセッサーにかけるんですが、この工程をまるっとすっ飛ばしました(単に忘れていたから)。

なので、やったことは、塩をまぶして何日か(3〜5日くらい)放置し、いい色の水が出てきたところで器に入れてハンドブレンダーで攪拌しました。オリーブオイルも入れませんでした(風味がちょっときついからと言いたいところですが、攪拌した時にレシピを見直すのを忘れていただけです)。

でも、きれいな色のペーストができました。


肉にまぶして焼いてよし、アヒージョ(オリーブオイルとニンニクで煮込んだ料理)の味つけに使ってよし、茹でた芋と混ぜてサラダにしてよし、から揚げの衣に混ぜてよし、とわりと万能な使い方ができるそうですが、いまのところ、鶏肉にまぶして焼く、しか食べてないです。
ただ、こちら、日本でいったら塩麹的なポジションだというので(そもそも鶏肉をつけて焼いたのも塩麹をつけたら美味いと聞いていたけど試してみる機会がなかったから。というのも麹の元が1kgぐらいでしか売ってなくて独り暮らしだと消費しきれないから)、塩麹の代わりに使ってみてもいいかなぁと思いました。

唯一の欠点は、かなり塩辛いことです。まぁ、塩の量でいったらしょうがない。

拍手[0回]

日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
02 2019/03 04
S M T W T F S
11 12 14 15
20
25 26 27 28 29 30
31
最新CM
(06/14)
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
いつでも里親募集中
脱原発意思表示Webステッカー
バタリーケージの卵を食べたくない!キャンペーン
忍者ブログ [PR]