忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
山上たつひこ著。小学館刊。

「がきデカ」で一世を風靡した山上たつひこ氏がその前、1970年に週刊少年マガジンに連載していた政治漫画。あの「アシュラ」もマガジン連載だし、今のマガジンからは想像もできない凄い雑誌だったんだな…

197X年代の日本。すでに自衛隊が国防隊と名を変え、デモは禁止、共産主義なども厳しく統制された時代を、元陸将の子でありながら道を踏み外していく多感な青年、六高寺弦とその家族を通して描いた問題作。

一言で言ったら凄い漫画でした。今の日本、ここまで酷くなっていないと誰に言えるでしょうか、未来を透徹した著者の眼差しが恐ろしいくらいに時代を先取りしています。

しかも最初、全然関係なさそうな奇病患者と家族たちの祭りが、作中での現代にまで影響を及ぼし、それが枯れ葉剤(解説で「水俣病」を暗示しているような言い方をしているが遺伝性があるので枯れ葉剤だと思われ)を暗示しているところなんかが著者の先鋭性を表していると思えました。

わし的には軍人(元だけど)の妻の鑑であった弦の母親が、長男が負傷してカンボジアから戻り、その姿がまんま「キャタピラー(故・若松孝二監督の問題作)」(作中の表記は「ダルマ」ですが)で、未来を先読みしすぎだろ!と思ったことは置いておいて、実はその負傷が名誉でも何でもなく、米軍の秘密兵器による事故での負傷と判明、でも生き延びたけれど、「どうせ先は長くないから死んだら解剖させて」と米軍に言われて、さすがに父親が激昂してその遣いを斬り殺し、当の長男も自殺したところで警察と米軍が来る前に自決しようと言い出したのに対し、

「いやよ! 死ぬのはいやだわ」
「あなたにはそんなに安易にわたくしたちにたいして死を押しつける権利なんかないはずよ!」
「どうして− もっとご自分を冷静な目でごらんになれないの! 自分というもの− 人間というもののもろさ… 弱さを!」
「あなたみたいな人がね− なにかというとすぐに… 死というものにさいごの逃避口をもとめるのは− さいごまで… ご自分の強さをほこっていたいからだわ! ぜったいに自分の弱さをみとめたくないからなのよ!」

と応えたところが良かったですな。息子が死ぬまで理解できなかった軍国主義まんまの母親だったけど、最後の最後で目を覚まして一人の母親として生きたいと言ったところが好きでした。
特に字を大きくしたところの台詞は、何かと自決したがる旧日本軍の軍人の心情をずばりと言い当てたように思えます。ああ、そうだよね、あいつら、自分のしたことを見直す勇気なんかないんだよねと腑に落ちました。だから、何かっつうと腹を切りたがるんだよね… 生き残って後始末をする方が絶対に大変なんだもんね…
なんで、最後の最後まで嫌いでしたけど、最後のこの1シーンで好きなキャラになりました、文江母さん。

しかも最後、首都圏直下型地震が来て、弦は愛する雪を失います。何の救いもなく終わっちゃったところもまた凄いなぁと逆に感動しました。

いや、この漫画は読んでおいた方がいいです。一読の価値以上、必読の書と言えるでしょう。

拍手[0回]

PR
「まんが日本昔ばなし」のナレーターほかで有名な常田富士男さんが7月18日にお亡くなりになったそうです。

懐かしい… あの語り口と、市原悦子さんと二人きりで全ての登場人物を賄ってしまった多芸さが好きな番組でした。

ご冥福をお祈りします。

拍手[0回]

1と同じような場所なので同一猫の可能性も高いですが、晴れてたせいか別々に場所を取って涼んでいました。

拍手[0回]

かき氷食べると頭が痛くなる体質なんですが、さすがに真夏日(30度超え)だと冷たいものが食べたくなります。

いざ挑戦、沖縄ぜんざい。


黒糖のコクは好きなのと、グラニュー糖よりも甘さが優しいのでたきがは家の砂糖は全部黒糖です(最近は県産)。
そこにきな粉を振りかけ(目立ちませんが)、沖縄ぜんざいの基本形、白玉団子と餡子がいちばん下です。

ああ、これは葛餅の変形だなぁと思って美味しかったです。ていうか、葛餅ソフトは知ってるんで、葛餅かき氷も作ったらいいよ。

大変美味しゅうございました。

拍手[0回]

石田スイ著。ヤングジャンプコミックス刊。全16巻。

となりのヤングジャンプというサイトで漫画を読んでいたら、こちらが最終巻の発売を記念して15巻まで無料で公開されていたので読んでみました。

ただし、
・そもそも前の話である「東京喰種」を未読(途中で気づいた)
・よって基本的な設定と人間関係がわかってない(しかし登場人物はやたらに多くて覚えきれない)
状態で読んでいたので、けっこう終盤までちんぷんかんぷんでした。

いや、話はわかったんですけど、キャラのかき分けがわし的にはぬるいかなと思って(主要キャラがわりと戦闘中に顔どころか身体も変形したりするんだけど、そのバトルがメインなので終盤まで見分けられなかった)、キャラをちゃんと覚えるほど読み直したくもなく、一気読みしたので、わりと雑な感想です。

しかし、この手の人間対人間の姿をした敵というのは、「ポーの一族」を改めて出すまでもなく古典的なテーマだと思うんですが、「ポーの一族」の方が辛かったなぁと思いました。「ポーの一族」の方が人間に対する害が低め(ポー自身が意識しないとポーの一族に加えられないし、人間の命を奪う必要はないとか)にもかかわらず、ポーツネル男爵夫妻、メリーベルまでぬっ殺した「ポーの一族」(第一作目)の展開に比べると人間と喰種が和解というか協力体制に入ってめでたしめでたしで終わりそうな最終盤の展開はぬるいなぁと思いつつ、ここら辺が今風なのかもなぁとか。
まぁ、「ポーの一族」に比べるのもどうかと思うんですけど、好きだからさ…

あと喰種という人類の天敵と言ってもいい存在との戦いなのに外人がほぼ登場せず、舞台も東京だけなのはえらいミニマムに見えて、あんまりおもしろいとは思いませんでした。まぁ、すぐに人類の存亡がかかっちゃうハリウッドのあれはあれで軽いんで、くっそどうでもいいんですけど。東京だけで人類対喰種という戦いが済んでいいのかとは思いました。いや、「バイオレンスジャック」みたいに東京だけ孤立してるならありだとは思うんですが、別にそうでもなさそうだし…

これで前篇である「東京喰種」を読んだら、また感想は変わるのかもしれませんが、いまのところはこんな感じ。

拍手[0回]

日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
17 18 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
(06/14)
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
バタリーケージの卵を食べたくない!キャンペーン
忍者ブログ [PR]