忍者ブログ
[2684] [2683] [2682] [2681] [2680] [2679] [2677] [2678] [2676] [2673] [2675]
五味川純平著。光文社文庫刊。全9巻。

人間の條件」に引き続き五味川純平ブームです。

とある架空の財閥とそこに関係する人びとの、戦争に翻弄されていくさまと、愛と希望と夢と野心を描く長編。

1巻目は「運命の序曲1、2」を収録です。

この手の歴史物にはつきものですが、80ページにも及ぶ註がボリュームあります。書いたのは作家の澤地久枝さんです。ただ、本編を読みながら読むには原本をそのまま引き写しているのもあって量が多く、後でまとめて読み直したら、何の言葉についた註だったか忘れたという… というか、本編でどういう流れで出たのか忘れたという…
太宰の「実朝」の時も原文の引き写しに辟易しましたが、もうちょっと要約してもらえんかと思いました。まぁ、当時の雰囲気を出すには原文がいちばんいいんでしょうが…
書き手の感想(著者か、註の担当者か)が入っているのはまだおもしろいんですが、原文だけというのは退屈です…

今のところ、まだ満洲国も建設されていないので、先は長いです。あと、基本、梶の足跡を追っていた「人間の條件」に比べると伍代財閥とその関係者以外にも、いろいろな人物が入り交じって登場するので、大河ドラマ〜って感じです。こっちのが。
例によって、こちらも映画化されていて、豪華キャストなので、登場人物を覚えるのに演じた俳優さんを思い浮かべるというのはいい手でした。イメージは固定されますが。

キャストは以下のとおり。これも全3部の大作で、全部で9時間超なので、機会があったら見ます。

伍代由介(当主) 滝沢修(「原爆の子」の岩吉)
伍代喬介(その弟) 芦田伸介
伍代英介(由介の長男) 高橋悦史
伍代由紀子(由介の長女) 浅丘ルリ子
伍代俊介(由介の次男) 中村勘九郎(18代目勘三郎)→北大路欣也
伍代順子(由介の次女) 佐藤萬里→吉永小百合
柘植進太郎(情報部将校) 高橋英樹
灰山浩一(画家) 江原真二郎
お滝(伍代家の女中) 水戸光子
武居弘通(由介の秘書) 波多野憲
鴫田駒次郎(喬介の部下) 三國連太郎
高畠正典(喬介の部下) 高橋幸治
標耕平(兄が伍代家の元雇い人) 吉田次昭→山本圭
服部達夫(奉天の医師) 加藤剛
大塩雷太(長じて喬介の部下) 福崎和宏→辻萬長
梅谷邦(雷太の友人) 廣田治美→和泉雅子
梅谷庄吉(邦の父親。鴫田の部下) 山田禅二
鴻珊子(女スパイ) 岸田今日子
白永祥(喬介の部下。中国共産党員で邦の友人) 山本学
徐在林(朝鮮人。無頼の徒) 地井武男
矢次樵夫(由介の部下) 二谷英明
不破医師(邦の知り合い。服部の友人) 田村高廣
劉(済南の中国人) 大滝秀治

と、ざっとあげただけでもすごい顔ぶれで、演じる人によって、こんなイメージだわ〜と想像できてしまうのが楽しいです。例によって。あんまりイメージおかしくないし。
ただ、わし的には由紀子はけっこうな美人なんで、浅丘ルリ子さんよりも久我美子さんのが凄みあっていいと思うので、勝手に脳内で差し替えてますが。
わし的なお薦めは強盗強姦暗殺と悪いことは何でもござれの悪党・鴫田駒次郎を三國連太郎さんが演じていて、どんなに凄みのある悪役なのかというところと、秀治が劉といういかにも小物っぽい悪役で、興味津々なのと、田村高廣さんや加藤剛さんや高橋幸治さんがイメージまんまに正義感の強いキャラクターばかりで、その清涼感っぷりですvvv

まだ始まったばかりで出て来ていない人物もいるので、先が楽しみです。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4 5
7 8 9 10
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]