忍者ブログ
[1132] [1131] [1130] [1129] [1128] [1127] [1126] [1125] [1124] [1123] [1122]
アンリ=トロワイヤ著。工藤庸子訳。中公文庫刊。

前に池田理代子作画の「女帝エカテリーナ」を読んだことがあり、同じ作者なので、読んでみた。一応、ロシアの有名な皇帝ぐらいのイメージはありますが、実際に何をしたのかは全然知らなかったり。

東方の後進国にすぎなかったロシア帝国を、西欧の一員にまで変貌させたピョートル大帝の一代記。スケールがはちゃめちゃで、何しろでかい。ピョートルの性格も、無茶苦茶なのだが、ロシアという国を西欧の一員にするためにした功績と、そのために国民に無理を強いた罪状とが綴られる。

ピョートルは後継者を指名しなかったので、死後、ロシアはまた混迷に陥ってしまったが、その中から現れたのがプロシアの貴族の娘、後のエカテリーナ2世であったとは、おもしろいな〜と思った。
で、ピョートルの時代にはもうちょっと強かったポーランドがすっかり弱体して、エカテリーナの時代には強国に翻弄される国家に成り下がっているのが「天の涯まで」というタイトルのポーランド史を扱った漫画で読んだりしたので、この時代はいろいろと興味深かったり。

ロシアはポーランドに行った時にトランジットしただけなので、いつかちゃんと行ってみたいと思う。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4 5
7 8 9 10
14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]