忍者ブログ
[512] [511] [510] [509] [508] [507] [506] [505] [504] [503] [502]
車があって高速がつながっていれば、何となくどこでも行けるような気分になるのはおかしなものです。

ちゅうわけで、今日は佐賀県武雄市に行ってきやした。片道250km。往復500km。吉野ヶ里遺跡のおまけもつけて、大盤振る舞いの小旅行だ。そこで泊まりにしないで日帰りしちゃうのが貧乏性だッ!

なんで武雄に行ったのかというと、たきがはの好きな映画「地雷を踏んだらサヨウナラ」の主人公、実在のカメラマンであった一ノ瀬泰造氏の出身が武雄でして、11月1日がお誕生日、で今年は生誕60年、生きてたら還暦ということでまだご健在のご母堂が写真展を開催したんだなもし。で、冒頭の認識な上に、映画好きが嵩じて一ノ瀬泰造氏に興味を持って「地雷を踏んだらサヨウナラ」も読んで(ただし、これはロバート=キャパの「ちょっとピンぼけ」のような当人の作でなく、死後、写真と書簡をまとめた本)、その写真に込められた、カンボジアが好き、カンボジアの人たちが好き、という視線が好きで、見に行ったわけであった。
いやあ、遠かった遠かった。先々月、博多まで行ったけど、あの時は自分の運転じゃないから、途中のサービスエリアでご当地ソフトクリームだの明太子天(生地に明太子を練り込んだ薩摩揚げだ。すさまじく美味かった。やはりたきがははたらこが大好きである。今日はチーズ天を食ったが、明太子天のが美味いと思った。チーズはちょっとだし、明太子はほぼ全部だからな)食ったり、寝たり、本(ゲド戦記2冊)を読んだりする余裕たっぷりだったが、今度は自分で運転していかなきゃならなくて、行ったら行っただけ帰らなきゃならなくて、往復6時間、現地2時間、とほとんど移動に費やされた一日であった。
でも写真はやっぱり良かった。特にベトナムで撮った手紙を笑って読む夫婦(もちろん旦那は兵士で、おそらく一ノ瀬氏の他の写真から鑑みるに南ベトナム兵であろう)という写真が見てるこっちもあったかくなるようなワンショットで、でもプリント5万円はさすがに手が出なくて、写真だけ見せてもらってきた。
で、せっかく佐賀まで行ったんだから、途中で吉野ヶ里をはけ〜ん。高速道路を途中下車して行ってみた。
ら、吉野ヶ里歴史公園ちゅうのは見事な観光地となっていて、なんとなく期待と違っていた。うーむ。素朴とは言わんが、もう少し発掘現場現場してるのが見たかったんだけど。なにしろ最初に発掘されたのが20世紀の初めとえらい昔なもんで、もはや観光地は宿命であろうか。それでも全体の発掘が終わってなくて、いちばん奥で王墓の発掘やってたのは、さすがにでかい遺跡であるなーと思った。しかし建物はどれも警報装置なんかついてるもんで、写真撮ってもなんか興醒めしちゃうんだよねー。観光地なら見せない工夫とかしてくれるとありがたいんですけど。

佐賀の先が長崎でこちらはさらに遠い。そのうちに行ってみたいと思ってはいるのだがな。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
武雄日帰り
お疲れ様でした。

私、武雄方面によく行きますが、鳥栖ジャンクションで一度、長崎道に乗り換え損ねて以来、えー、つまり、そろそろ鳥栖ジャンクションだ。左車線に入ろう〜。くるくる〜。おー長崎道だ。車も少ないことだしこのまま左車線(走行車線)をゆっくり行くかー。
ん?鳥栖出口???えー!!ということで、鳥栖に強制着陸させられて以来、すっかりあのジャンクションが苦手になってしまい、急ぎでないときは、まーそういうときはほとんど無いので、下の道を走ってます(^^ゞ

コースはなるべく町中に入らないよう、
かつなるべく真っ直ぐ単純にという基本方針の下、松橋から501号に入って海岸沿いを北上。このあたりは河内みかんの産地で、山一面みかん畑。山を縦横に走るパイプやホースが見所ですねぇ。

玉名あたりは、ただただ真っ直ぐな道がただただ続いていたり(真っ直ぐな道は歓迎なんだけど、ここは限度を超えてます)、荒尾、大牟田は都市部を回避できなかったりで、ちっとつまらないんだけど、

柳川から大川にかけての町中を迂回する道路沿いには古い町並みやクリーク、運河の跡とおぼしきものが散見されたり、大川を抜けて佐賀平野に入ると、「穀倉地帯」というのはこういうことだったのかー!という、なかなかな風景。
ちょっと南に向かえば有明湾を仕切る大堤防が続いていてこの上を走るのも、ちょっとスリルがある。

また、取って付けたようなムツゴロウの観察所?や、飛行機が一日に5便しか飛ばない佐賀空港とかトホホな見所もあってこのあたりは何度と通っても飽きることがありません。

なんといっても私がこのルートで一番気に入っているのは、大牟田から208号線に入ってしばらく行った、中島あたりの風景で、ここの朝市は有明海の珍味が揃うことで有名なんだけど、時間的になかなか折り合わないのが残念だったり。。

というわけで、またそちら方面に行く予定があれば参考までに。

あっ、長崎ですが、長くなるので、もうやめますが(^_^) 佐世保はねぇ、面白い町でしたよ。
kouhei URL 2007/11/28(Wed)16:06:35 編集
うちの軽はなぜか高速のが燃費がいい
kouhei様、こんばんは

>お疲れ様でした。

それが1日置いて疲れが出やがりまして、つくづくわしも歳だなぁと寂しくなりました。せっかく武雄に温泉あったのに入ってこなかったし。考えるともったいないことをいたしました。

>鳥栖ジャンクションで一度、長崎道に乗り換え損ねて以来…

ああ、わかります、それ。わしはよく熊本の町中でやりますね。あそこ、夕方は左端がバス専用レーンになるじゃないですか。で、おとなしく真ん中走ってて、でもそろそろ左折したいから左端レーンに入っとこうと侵入かますと、曲がりたいずっと手前でいきなり左折専用レーンになりやがりますからねぇ。車も多いし、慌てる慌てる。
逆に鳥栖ジャンクションはだいじょぶでした。看板見てたのと、1回、人が間違えそうになったのを見てたんで警戒していたのが良かったようです。よって下を走るほどのトラウマになったことはありませぬ。いや、熊本まで行った時に何回か下を走ってるんですが、なにしろ遠い。回り道させまくりなもんで、軽なんでちょっとお得というのもありますが、素直に高速走ることにしておりまして、下を走るのは逆に怖いのです。

>柳川から大川にかけての町中を迂回する道路沿いには古い町並みやクリーク、運河の跡とおぼしきものが散見されたり、大川を抜けて佐賀平野に入ると、「穀倉地帯」というのはこういうことだったのかー!という、なかなかな風景。

水俣はほんまに平地が少ないですからねぇ。八代あたりの高速走ってると見通しのよさに感動します。「穀倉地帯」もないしなぁ。

>また、取って付けたようなムツゴロウの観察所?や、飛行機が一日に5便しか飛ばない佐賀空港とかトホホな見所もあってこのあたりは何度と通っても飽きることがありません。

なんか住宅地のど真ん中、福岡空港は別の意味でスリリングでしたねぇ。大分空港はやったら僻地にあったので驚いたり。
バルセロナの空港が交通便利だったのとは偉い違いだと思ったり。

>なんといっても私がこのルートで一番気に入っているのは、大牟田から208号線に入ってしばらく行った、中島あたりの風景で、ここの朝市は有明海の珍味が揃うことで有名なんだけど、時間的になかなか折り合わないのが残念だったり。。

ほほぅ。朝市というのはどこもよさげですねぇ。しかし早起きが苦手なもんで、いまだに函館の朝市も金沢の朝市も体験したことがなく。

>というわけで、またそちら方面に行く予定があれば参考までに。

高速代が思ったよりもかかったので、なかなか行くことはありますまいが、おもしろそうなお話をありがとうございました〜

>あっ、長崎ですが、長くなるので、もうやめますが(^_^) 佐世保はねぇ、面白い町でしたよ。

長崎は長崎しか行ったことがないんですよッ。ハウステンボスと長崎市内だけ。市内も原爆資料館だけ。一度、ゆっくり遊びに行ってみたいですねぇ。そして今度こそ、某長崎チャンポンより美味いチャンポンを食うのですよ。
【2007/11/28 23:23】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2
14 15 17 19
25
30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]