忍者ブログ
[3072] [3071] [3070] [3069] [3068] [3067] [3066] [3065] [3064] [3063] [3062]
山本おさむ著。戸部良也原作。双葉社アクションコミックス刊。全10巻。

まずは沖縄高野連の理事会から。野球憲章をたてに福里の加盟を断とうとする理事に対し、理事長は難聴の選手が甲子園に出場している小田さんの記事を出して、とうとう福里の加盟が認められます。

この巻の号泣ポイントは第93話のラスト、老いた両親を自覚する武明、幸せそうに武明の名を繰り返す両親、歯をくいしばり、泣き声をもらすまいとする武明に重なって読んでいるこちらも涙をこらえてしまうという山本節の真骨頂。

そして続く第94話で原作者の戸部良也氏が登場すると同時に、福里は秋季大会に参加します。
加えて第95話では山本おさむ氏本人も登場、ここから第97話まで伊波先生(福里の廃校後は別の学校で野球部の監督)や山本氏の視点で加盟はしたものの、なかなか勝てない福里の試練がさらっと語られます。
3年生になった福里の野球部員たちは、卒業までに一勝しようと激しい練習を始めます。さらに他校との練習試合で研鑽を積む福里の野球部は、いつかその実力を県下に認められるまでになっていくのでした。ここがまた泣ける。「グラウンドのなかで障害者であることを拒否した子どもたちと健常者であることを拒否した伊波先生」とのやりとりの力強さ、その激しさが熱いのです。

そして、いよいよ迎えた最後の年、福里の初戦は糸数高校でしたが、なかなか相手も巧者。2回のピンチに健が「スクイズだ!」と相手の奇策に気づいたところで以下、続刊です。

第2巻から続く、長い長い高野連への加盟がようやく決着。ある意味、最大のクライマックスでもありますが、第10巻はおまけどころではない重さであります。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
11 12 14 15
16 17 19 21 22
23 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]