忍者ブログ
[2673] [2675] [2674] [2672] [2671] [2670] [2669] [2668] [2667] [2666] [2665]
野添憲治編。無明舎出版刊。

花岡事件を追い続ける秋田在住のジャーナリストの聞き書き。先日の「花岡事件 日本に俘虜となった中国人の手記」が中国の人の語りだとすると、こちらは直接的には関係ない人が多数の、言ってみれば普通の日本国民が見た花岡事件という感じです。事件の当事者であり、本来は加害者として扱われるべき鹿島組のなかでも通訳と雇員というあまり重要なポストにいなかったような人たちの証言な上、人によっては花岡事件そのものは見ておらず、敗戦後、俘虜となっていた中国人たちを手当てした看護婦さんとかも出てくるわけです。まぁ、70年も前の事件ですから、当事者が生きていることもないでしょうが、生きていて証言していたら、鹿島組の態度も違うような気もしますので、いちばん俘虜の方たちを虐待した補導員とかの人たちは墓場まで自分の知っていることを持っていってしまったように思います。この本は1986年出版で、著者がインタビューをしていたのは、その数年前でしょうが、あまり生き残っていないか、生きていても表に出てこなかったかもしれませんし。

そう考えると被害者の方の手記はあるのに加害者の告白はないという片手落ちな感じですが、だいたいにおいて日本が強制連行した朝鮮や中国の方たちについての扱いというのは、そもそもどこの誰を何人連れてきたという名簿さえ現存しているのが珍しい状況だったりすることが多いので、花岡事件ほどはっきり残っているのは逆に珍しいとも思いました。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2
6 7 10
12 13 14 15 16 17
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]