忍者ブログ
[2678] [2676] [2673] [2675] [2674] [2672] [2671] [2670] [2669] [2668] [2667]
五味川純平著。三一書房刊。全3巻。

仲代達矢主演の9時間超の大作映画(ただし全6部)で有名で、8月1日あたりに池袋の文芸座で一挙にかかると聞いたのですが、時間的に池袋に行ってられなかったので原作を読むことにしました。

その前にキャストを見たら、ヒロインの美千子が新珠三千代のほかに佐田啓二、宮口精二、山村聡、淡島千景、有馬稲子、東野英治郎、千秋実、藤田進ほかと、そうそうたるメンバーでした。わし的には王亭立を宮口さんがやってはるのが興味津々ですが、沖島に山村聡は合わない気がするのだが…。機会があったら見てみようと思っているのですが、なかなか長いので難しいところです。ただ、読んでいる間に梶の顔が仲代達矢にはなりませんでした。「男たちの大和 YAMATO」でケチつけちゃったから。

日中戦争中の満州で人間らしく生きようとする梶の戦いを描いた長編。

ヒロイン、つまり梶の妻である美千子が2/3くらいまでちょっとお馬鹿さんに見えてしまいまして、退屈でした。

そもそも、梶と美千子は満州に行って、鉄鉱石を掘り出す会社に勤めています。舞台は前半でイタリアの降伏が告げられ、初っぱなでスターリングラードの攻防が語られているので1943年、すでにミッドウェー海戦も終わっているので(1942年)、大きく広がりすぎた前線を維持できずに連戦連敗という時代です。
しかし傀儡国家満州の会社では、そんな負け戦もどこ吹く風、日本人は中国人(作中では支那人や満人)や朝鮮人を酷使し、梶はそのなかで人間らしくあろうともがくのでした。まぁ、根本的に場所が間違っているという話は右において。

そんな梶の苦悩に関心を持たず、ひたすらに自分たちの幸福を追求する美千子は、平凡でつまらない女性だと思いました。途中で女友達に愚痴って、梶の苦悩を共有しようとしますが、中国の捕虜(と言いつつ、正体は農民だったりする)が無意味に処刑されようとするのを梶が逃がして生かそうとするのを泣きながらに止めちゃう辺りでやっぱりなぁという感じで、それでも最後は頑張ったので以降に期待です。

結局、梶は憲兵に逆らったことで徴兵免除を取り消され、召集されてしまいます。以下、続いて、どういう展開になるのか興味津々です。

宮口精二さんがやってる王亭立は、もともと大学の教授でしたが、日本軍に奥さんを目の前で強姦されて殺され、捕虜として引っ立てられた人物です。梶とは特殊工人のリーダーという形で会います。梶は王たち特殊工人を他の工人並みに扱おうと奮闘しますが、根本的に侵略者である日本人を信用することはなく、梶が憲兵に引っ捕らえられたのをきっかけに王を中心に脱走します(それまでは3000ボルトの電流を流した鉄条網の中にいた)。梶に手記を渡したり、いろいろと影響の強い人物ですが、今後、再会することがあるのかは望み薄な気がします。再会しても敵同士だし。

沖島は梶の先輩で理解者であろうとしましたが、ちょっと喧嘩っぱやいところもある人物で特殊工人の扱いなどを巡って梶と対立したり協力したりしてます。「相棒」の水谷豊に対する寺脇康文みたいな感じでしょうか。山村聡はインテリっぽい感じなので合わないかなと思いました。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4 5
7 8 9 10
14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]