忍者ブログ
[727] [726] [725] [724] [723] [722] [721] [720] [719] [718] [717]
河出文庫。ロード・ダンセイニ著。中野善夫ほか訳。

いちばん最初に読み始めたのに、メインの「時と神々の物語」が終わってから、散発的な短文が続いて、飽きてきちゃって、最後まで読んでました。
20世紀初頭の話ですんで、かなり古いです。トールキンだってそれから30年も後だ。だから、この分野では古典に入るのかな、と思いますが、この世界観は類推するものを思いつきません。トールキンのような世界観はわりと多いんです。今回読んだ「ラプソディ」なんか影響受けてるそうだし、わしも影響受けまくってるし。でもダンセイニに近い世界を描く人はなかなかいないような気がする。単に読んでないだけかもしれませんが。わしもこの分野、読みまくってるというわけでもないもんで。

なにしろ、世界が運命と偶然がゲームをし、買った方がマーナ・ユード・スーシャイという神に「自分のために神を作れ」と言ったところ、マーナが神々を作ったものの、寝てしまい、目覚める時に世界も神々も消える、という独特の無常観がありますです。「一期は夢よ」ってのが近い?
だけど、小さくても神は神なもんですから、神々は世界を思うようにし、残酷で、さらにちっぽけな人間はもっとはかない。そんな世界でございました。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2
6 7 10
12 13 14 15 16 17
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]