忍者ブログ
[1455] [1454] [1453] [1452] [1451] [1450] [1449] [1448] [1447] [1446] [1445]
ずっと前に「休暇」という映画を見まして、その原作をずーっと読みたかったのですよ。で、松本清張まいぶーむを一時中断しまして、「休暇」の入っている全集を借りてきたわけです。

たきがは、映画の「休暇」で何が好きかって以下のポイントであります。

・主演が小林薫さん! 重要、これすごく重要。
・死刑執行において、死刑囚の身体を支える支え役になることで有給休暇1週間を得た主人公が新婚旅行に出かける。
・死刑囚・金田と主人公である刑務官との心の交流が描かれることで、「死刑存続」を叫ぶ今の時代に一石を投じるのではないか。

という当たりです。しかし、原作の方、映画に比べると話が淡々としすぎちゃって、二番目と三番目のポイントが薄いのさ。よくふくらませたな〜 そう言えば、「駅馬車(監督:ジョン=フォード、主演:ジョン=ウェイン)」も、原作がむっちゃ淡泊で、よくこんな駄作からあんな傑作が!とはうちのままの弁であります。まぁ、映画を見たら原作は読むなってことだ。

「水の葬列」が、落ち武者の部落がダムで水没することになった時、その作業に従事する妻を殺した男が見た部落の様子がなんちゅうか、乾ききっていると申しますか、諦めきっているといいますか、その雰囲気が良かった。

あとは「メロンと鳩」「鳳仙花」という二本の短編がやっぱり死刑囚に関係する人たちを逆の立場から描いたともいえるような話で、「休暇」と併せて興味深かった。

それ以外の短編は、うーん、わし、こういう、現代の日常を描いた小説ってあんまり読まないもんで、え、そんなおち?みたいな感想や、こういうネタが話になるのか〜な目から鱗だったりいたしました。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
3
10 13 14
15 16 17 19 20
23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]