忍者ブログ
[2042] [2052] [2041] [2048] [2039] [2046] [2038] [2037] [2040] [2036] [2035]
ジョージ秋山著。青林工藝舎刊。

ネットで「アシュラ」に関する記事を見ていたら、ふと読みたくなり、密林で検索。そうしたら、「アシュラ完結編」が載った「ジョージ秋山捨てがたき選集」というシリーズがあることがわかり、それではついでに未だに読んだことのない「銭ゲバ」とか読んでみるかと思い、ついでに短編集も読んでみようかとぽちっとな。
で、最初に届いたのがこの本でした。

「30年」「ザーメン」「赤い海」「糞虫忍法帖」「ありふれた旋律」「羽根がはえた漫画少年」「慚愧」「ドストエフスキーの犬」が入ってます。帯によると、単行本に未収録の短編(「赤い海」除く)だそうで、改めて、いろんな作風を持っている人なのだなぁと思いました。

「30年」は実験作とでも言いたいような画風で、ラフみたいなタッチの、とあるサラリーマンの一日という漫画で、こういう日常を入社してから30年も続けてきました、という風刺にも読めるし、手抜きにも見える。

「ザーメン」はタイトルどおり。性にもんもんとして、毎日のように自慰してる中学生が、両親のセックスに衝撃を受けて、近所の女の子にいたずらをして、迎えに来た両親に「人間じゃないよ」と言っちゃう話。これに近いネタ、「赤ちゃんと僕」にもあったよな…

「赤い海」は、わしがいちばん読みたかった話で、元は菊池寛の戯曲「順番」らしいです。そっちも読みたい。いかにも菊池寛らしいというか。読んで「イティハーサ」の青比古も同じような境遇だったけど、あの美しさは少女漫画だなぁと真っ先に思いましたが、わしは実は青比古がいちばん好きになれなかったのでした(登場人物の誰もが「きれいだ」を連呼するので。そういうマンセーキャラって嫌いなんですよ)。誰が好きということもなく途中まで買っていたんですが、途中で掲載誌がなくなり、なんか買うのをやめてしまいまして、最後は立ち読みで済ませました。あ、そうだ、桂が好きだったんや。

閑話休題。

杉原の血に代々続く、忌まわしい病気(そう言えば、「羊のうた(冬目景著)」もそんな話だったな…)に、ラスト、「負けるもんか」と繰り返しながら、東京の学校へ通うことになった主人公ユタカ。この最後の6ページが、原案である「順番」にはないジョージ秋山オリジナルだそうで、わずかな希望と、それでも暗示される暗い未来とが印象的でした。

「糞虫忍法帖」は、白土三平の「カムイ伝」とか横山光輝の「伊賀の影丸」とか読み慣れていると、逆に格好悪い分、本物の忍者っぽかったです。

表題作の「ドストエフスキーの犬」は、淳が主役と見せかけて、勝三なんだろうな、このタイトルだと。

「銭ゲバ」と「アシュラ完結編」が楽しみっちゅうか、読んでて辛い漫画なんだけどね、「アシュラ」は…

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
3
10 13 14
15 16 17 19 20
23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]