忍者ブログ
[1637] [1636] [1635] [1634] [1633] [1632] [1631] [1630] [1629] [1628] [1627]
草山万兎著。福音館土曜日文庫刊。花輪和一絵。

わしが初めてエチオピアという国名を知り、ゲラダヒヒという生き物を知った本です。1978年の初版なんで、かなり古いっす。

古代アフリカ史を学ぶ榎教授の子どもたち、健志と実果。その叔父で動物学者の榎萌男が、胸に不思議な紋章を持ったゲラダヒヒのスケッチを持ってきたことが遠いアフリカのエチオピアへの冒険の始まりとなった。幻のアクスム王国を捜す旅は、そこに隠されているという莫大な財宝を狙うキッキデス一味が現われたことでより危険なものとなっていく。不思議な少年アベラ、ゲラダヒヒの胸にあったのと同じ紋章を持つ村の長ハベチャブ、健志がアクスム王国にたどり着いた時、2000年も止まっていた、この国の時間が動き出す…。

この話、たきがはの好きな要素がたっぷり詰まっておりまして、大好きな小説でした。子ども向けとは思えないスケールの大きな展開、異国、歴史のある王国、見知らぬ動物、異国の少年と、多少、ご都合主義なところはありますが、わくわくしてページをめくったもんです。

しかし、この本を読み直しながら、わしは少々、苦い思いも抱いておりました。ここにはわしが憧れた要素がいっぱい詰まっていたのに、それらのうち、どれ1つとして現実に結びつけなかったなぁ、という事実です。エチオピアという国は確かに遠く、ゲラダヒヒという生き物はつい先日、「ダーウィンが来た!」で扱われましたけど、動物園にいることの方がよほど珍しいので、知らない人の方が圧倒的に多いでしょう。憧れを憧れだけにとどめておかず、どうしてその先へ行かなかったのだろう、とわしは思います。憧れた国へ行くのに、ただの観光旅行で済ませてしまったのだろうと思います。

そんな、今読むと苦い思い出も詰まった、冒険小説の傑作です。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4 5
7 8 9 10
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]