忍者ブログ
[2773] [2772] [2771] [2770] [2769] [2768] [2767] [2766] [2765] [2764] [2763]
関川夏央・谷口ジロー著。双葉社アクションコミックス刊。全5巻。

全5巻なのですが、図書館にあったのが1、3、4巻だけだったので肝心の大逆事件の結末が読めません。なので中途半端なレビューです。そのうちに2巻と5巻をどこかで調達せねば…

第1巻ではタイトルのとおり、「坊っちゃん」の作者・夏目漱石を狂言回しに堀紫郎、荒畑寒村(というと「黒旗水滸伝」のバタバタ寒村を思い出すわけですが)、森田草平、太田仲三郎、国木田独歩、石川啄木、平塚雷鳥、菅野須賀子、伊集院影昭、ラフカディオ=ハーン、森鴎外、樋口一葉(ただし故人)、徳冨蘆花、山県有朋、桂太郎、伊藤左千夫、安重根、東条英機、柳田国男、島崎藤村、田山花袋、高浜虚子(名前だけ)、大杉栄、堺利彦といった有名無名の登場人物がなす青春記というか、漱石なんかは40過ぎのおっさんなんで交流記という感じです。

ただの交流記だったら、わしもあんまり興味がないんで手にも取らなかったんですが、第4巻が大逆事件ということで幸徳秋水や菅野須賀子がメインになってきてたんで興味を覚えて読んでみたんですけど、要するに「黒旗水滸伝」の明治版って感じで。
でも、権力者、特に大正天皇を狂人と断言、そのまま昭和20年の敗戦まで突っ走る日本という国の、いわば助走のような大正時代を鋭く描き出した「黒旗水滸伝」に比べますと、どうも全体的に柔らかい感じで物足りませんでした。まぁ、比べるのが間違ってるんですが。

あと、第1巻は夏目漱石、第3巻は石川啄木が狂言回しになってるもんで、文学者というのは主義者に比べるとぬるいというか、あまいというか、で、第3巻なんかサブタイトルを勝手につけるなら、「石川啄木はいかに堕落したか」みたいな感じの話で、金借りちゃ散財し、同郷の先輩に質に入れさせちゃ散財し、というどうしようもないダメンズっぷりを延々と描かれて、ちょっと辟易しました。

そういう意味では第1巻のがまだおもしろかったんですが、有名人も無名の市井の人も平等な描き方で、そういうのは得てして権力者に加担しちゃうものなんで、姿勢としてはあんまり好きじゃありません。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4 5
7 8 9 10
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]