忍者ブログ
[1125] [1124] [1123] [1122] [1121] [1120] [1119] [1118] [1117] [1116] [1115]
監督:ダニー=ボイル
出演:ジャマール=マリク(デーヴ=パテル)、ラティカ(フリーダ=ピント)、サリーム=マリク(マドゥル=ミッタル)、司会者(アニル=カプール)、警部(イルファーン=カーン)、ほか
見たところ:ワーナーマイカル茅ヶ崎

元来、たきがはさんはアカデミー賞くんだりで映画を見に行くことはほとんどないのだが、何かと話題の多かった今作、どんなものかと思って行ってみた。
1970年代か60年代までのアカデミー賞にはもっと重みがあり、しょせん、アメリカ国内の映画賞であったにもかかわらず、それなりに納得できるような傑作が選ばれたものだと思っていたのだが、何年か前に「チョコレート」っちゅう映画を見た時に今時のアカデミーはこんなものか〜と思って以来、見る基準になることはなくなりました。

国内でアメリカン・ドリームを見られなくなったアメリカ人が、インドに持ってったアメリカン・ドリームって感じ?

スラム出身のジャマールが「クイズ・ミリオネア」という番組で前代未聞の1000万ルピーを獲得し、詐欺が疑われる。取り調べに当たった警部は、どうしてジャマールがクイズに答えられたのかを聞くが、それはジャマールの生い立ちを知ることでもあった。

要するに、ジャマールの今までの生き抜いてきたことが即、クイズの答えにつながっているので正解できたんだけど、それは運命だったんだよ、という落ち。う〜ん、わし、それは運命じゃなくて運だと思う。
ジャマールが母を殺されてから、出会ったラティカという少女と最後にゴールインするまでも自分の手でもぎ取ったというより、兄の犠牲があって、転がり込んできたという感じも強いし。

どっちかというと、肝心なのは、ジャマールが2000万ルピーを一度に手に入れて、これからどう使うのか、という方が話としては興味深かったり。全国的に名前が知られたわけだろうし、ラティカと豪遊、とかいったら、全然お話にならないわけで。

そういや、この映画もPG-12指定されていたが、どこが引っかかったんだろう?と思って調べてみたら、「性・暴力・残酷・麻薬などの描写や、ホラー映画など、小学生が真似をする可能性のある映画がこの区分の対象になる」んだそうです(引用Wikipedia)。ふ〜ん

たんぽこ通信 映画五十音リスト

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
3
10 13 14
15 16 17 19 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]