忍者ブログ
[1940] [1939] [1938] [1937] [1936] [1934] [1935] [1932] [1933] [1931] [1930]
阿川弘之著。昭和文学全集21巻。小学館刊。

学徒出陣した京大文学部の学生の日記という形をとって、特攻兵の心情や心の変化を綴った小説。

主人公の吉野が中心なのだが、「きけ、わだつみの声」なんかにも出てきそうな日記で、正直、違和感ないのが新鮮みがないというか。むしろ小説なんかより実際の手記読んだ方がよくね?っていうか。
むしろ、戦争に反対しながら、出撃する前に事故死してしまった藤倉の方がよほど共感が持てる。藤倉も恩師への手紙という形で自らの心情を綴っている。
ラスト、おそらく回天だと思うんだけど、吉野たち4人のなかで唯一生き残った鹿島が、死亡フラグ立てまくっていただけに意外。

あと、吉野たちが出水の海軍基地に赴任して、水俣に行って、地元の名家と昵懇になったというエピソードは、水俣だったら名字は「深井」じゃなくて、もっと見かけるのあったな〜と思ったよ。

作者にとっては不本意な読み方だと思うんだけど、吉野の文章があまりに最後まで理路整然としていて、特攻兵の死が美化されているようで、そんな意図はないとわかっているんだけど、もう少し人間くささを見せてほしかったと思った。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4 5
7 8 9 10
14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]