忍者ブログ
[3054] [3057] [3056] [3055] [3053] [3052] [3051] [3050] [3049] [3048] [3046]
内田美奈子著。マンガ図書館Z刊。全5巻。

そういや、これも「ウィングス」連載の漫画でしたな。

真面目すぎる反動で22世紀にタイムスリップした上、凶悪な赤々丸と、超論理的な白々丸に分裂してしまった赤井くんが、人間に虐げられるネコ(と言っているが、普通に二足歩行で、「四つ足の猫は過去に絶滅」という記述があったので別物と思われます。近くにネコン星があって、そちらがネコそっくり)の復権をかけた革命を成就させるまでを描いたSF漫画です。

赤々丸はすぐに人を殺しちゃうような物騒な人物ですが、筋は通っているところもあるので、まぁ、基本、いい人です。むしろ、超論理的というか、今風に言っちゃうとめんどくさい白々丸の方がお近づきになりたくなかったり…

この同じ顔をしているんだけど正反対の別人、赤々丸と白々丸に加え、超個性的なネコに加え、3巻あたりからパラドックスという星に住むイヌ(こちらも二足歩行なので犬ではないと思われます)が登場、話がふくらむかと思いきや、5巻で収めたのは大したものだと思いました。
たぶん、登場人物の大半が、わりとギャグ調に描かれる(当人たちは大まじめ)のに対し、わりとシリアスに話をリードするネコのリーダー、テテ(キャラ紹介で「唯一、シリアスが似合うネコ」とか書かれてたりして、実際、崩れた顔は一回も見せず)や、赤々丸のキャラクターがしっかりと地に足をつけている感じだからなのかなぁと思ったり。

人気投票をやったら、間違いなくめね田おたべ(「ぐゎん」が口癖の超巨食ネコ)が上位に来るのだろうなぁと思いましたが、わし的にはスキンヘッドで強面の印象を与えつつ、とってもいい人だったモーガン所長とか好きです。赤々丸にこだわる(しかし、実際に捕まえていたのは白々丸だったりしますが)あまり、ネコと争うことのばかばかしさに気づいてしまう終盤なんか良かったですね。

革命の象徴としての赤々丸というラストもなかなか格好良かったです。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4 5
7 8 9 10
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]