忍者ブログ
[417] [416] [415] [414] [413] [412] [411] [410] [409] [408] [407]
青年ゲドからいきなり老年ゲド。しかも前巻で魔力を全て失い、回復する見込みもないもんで、すっかり表舞台から引いている。それでも「ゲド戦記」ちゅーのはどうなんすか。で、2巻でいい感じになると思ったテナーが、冒頭、どっかのおかみさんだとはつゆ知らず、なんつー展開ですか、これ。

夫を失い、寡婦となったゴハは、大火傷を負った少女を助け、テルーと呼んで、ともに暮らし始める。そんな時、かつての恩人オジオンが危篤だと聞いて、ル・アルビに向かった二人は、オジオンを看取り、そのまま暮らすようになったが、竜のカレシンに運ばれ、魔法の力を失ったゲドと再会する。傷心のゲドを自分の住処に送り出すゴハことテナー。しかし、彼女はル・アルビの領主に仕えるアスペンという魔法使いに憎まれ、自分の家に戻り、ゲドと暮らすことに。ところが、そこへ海に出ていたテナーの息子ヒバナが家に戻り、ぎくしゃくしたことでテナー、ゲド、テルーの3人は再びル・アルビへ戻る。しかし、アスペンの罠にかかってしまい、テナーとゲドは囚われの身となるが、二人を助けたのはテルーの呼んだ竜のカレシンで、竜は少女を娘と呼ぶのだった。

あ、ネタばれしちゃった。

ええ、アスペンちゅーのが1巻でゲドとさんざん対立していたキャラだとは言われるまで気づきませんでした。いや、すっかり忘れてたし。まさか、こんな形で復活しようとは。
ゲドとテナーの関係については、フェミニスト、ル・グインならではの描写ですか。しかし、かつての大賢人もこうなっては形無しですな。とにやり。でも、これ、逆の描き方だと、どっかの婦人団体から非難囂々な展開でないかとか。
いやいや

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
3
10 13 14
15 16 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]