忍者ブログ
[1065] [1064] [1063] [1062] [1061] [1060] [1059] [1058] [1057] [1056] [1055]
こうの史代著。全3巻。双葉社刊。

「夕凪の街 桜の国」に続く戦時物なんだけど、同じヒロシマを扱っていても、こちらは戦時中の日常描写が続き、中巻ぐらいまではわりと淡々と進む。劇的な描写も少なく、ちょっととぼけた主人公すずと、その嫁ぎ先の北條家の人びとや近所の人たちとの出会いと日常が、こうのさん独特のタッチで温かく、時におかしく描かれる。

しかし下巻になり、舞台の呉も空襲を受けるにつれ、日常は非日常になり、すずは様々なものを失ってしまう。そして、決して避けることのできない広島への原爆投下、敗戦に至るも、すずの日常は極端に変わってしまうこともない。

「この世界の片隅にうちを見つけてくれてありがとう」と周作に語るすず(ここで上巻の人さらいが出てくるのがまた笑わせる。しかもこの化け物、すずと周作の縁結びだったりする)に、たくさんのすずとたくさんの周作がいたことを思い、そのたくさんのすずと周作はあるいは出会えなかったりしたことをも思い、じんわりとする。

そしてラスト、右手を失ったすずを、失った己の母に重ねて慕う原爆孤児と出会い、連れて帰るすずと周作、「よう広島で生きとってくれんさったね」と言うすずを迎えるように変わらぬ呉の町と山、3人を迎え入れる北條家の人びとの優しさに、ああ、こんな物語があったろう、こんなこともあったろう、と静かに幕を閉じるのだった。

「鬼イチャン冒険記」がまたたまりませんわ。南海でワニと同居してる鬼イチャン、いいキャラだな〜

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4 5
7 8 9 10
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]