忍者ブログ
[1093] [1092] [1091] [1090] [1089] [1088] [1087] [1086] [1085] [1084] [1083]
6月7日までだってんで、Y嬢と行ってきました、阿修羅展。3時頃ぐらいに行ったら、そんなに待たずに入れるかも〜って公式サイトで調べてもらったんで、3時ぐらいに上野に着くように行ったら、100分待ちですって!
ここはどこの浦安ネズミ園じゃい!とも思いましたが、これも阿修羅ちんに会うためです。列に並びます。東京国立博物館のいちばん奥にある平成館ってところでしたが、ほんとに100分待たされたよ! でも、立ちん坊ではないので、100分といっても、誰かと一緒だとか、時間をつぶす道具さえあれば、何てことはないです。けっこうそれなりに過ごせるものですネ。

で、やっと館内に入り、いざ阿修羅像を見にいこうとすると、全体が4部に分けられていて、まずは興福寺から発掘されたという鏡とか杯を見せられます。

人の頭しか見えません。あと、本命はあくまでも阿修羅ちんですので、先に前菜でおなかいっぱいにさせるのはどうか。

第2部に入り、まず八部衆と仏陀の十大弟子の像を見ます。これはなかなかおもしろいです。造型もいいし、表情も個性的だし。もともとは阿修羅も八部衆の一人ですから、一緒に作られたんでしょうが、阿修羅ちんだけ大人気になったんだろうな。で、阿修羅像といったら興福寺ぐらいに知名度が上がったんだろうな。

さて、ようやく阿修羅ちんとご対面です。

や! やはり、素晴らしい造型です。なんちゅうてもはんさむですし、スタイルもいいです。三面六臂のバランスも言うことなしです。惜しむらくは、人だかりが多すぎて何しろゆっくり見られないこと! 人の上ですんで、阿修羅ちんの足下も見られません。立ち止まって見ることも近くではできず、「時計回りにゆっくりお進みくださ〜い」とアナウンス。

いやいやいや。国宝なんだから、国民にただで見せてくれればいいのに! 補修費とかってあなた、そのために税金使ってるんでしょうが!と思いました。

それにしても、阿修羅ちん、よく五体満足で残ってたものだなぁと思います。これでどっか欠けていたら、やっぱり像としてはさえないもんなぁ。と、その後で首だけの大仏とか、首のない像とか見たので思いました。

せっかく来たってんで、別の東洋館も見学して、子どものころはミイラが見られなかった、というミイラさんとご対面。でも、その時はなんかもっとでかいガラスケースに入っていたような気もするけど、別人だったのか? なんて話をしながら、上野を後にしました。

たまにはこんな美術品を見るのもいいものですな。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4 5
7 8 9 10
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]