忍者ブログ
[822] [821] [820] [819] [818] [817] [816] [815] [814] [813] [812]
怒濤の2週間が無事に終わりました。何が怒濤って、2週間で試験を4つも受けて、そのための勉強をして、うちに帰るのは朝ご飯食べるためと寝るためだけという、ほんまにあっという間の2週間でした。いやいや、こんなに勉強したの、何十年ぶりかしら、ってぐらいにお勉強しましたが、もう1つ控えているので、油断は禁物ですが、一山越えたということで、ここは自分で自分を褒めてやってもいいかな〜と思うところであります。

そのせいで、撮ってもらったビデオが溜まりまくっておりまして、ラインナップをあげてみましても、「七人の侍」「生き物の記録」「麦の穂を揺らす風」「SWEET SIXTEEN」「地下水道」「灰とダイヤモンド」、さらに見たくなって借りてきた「この子を遺して」とか、特攻野郎Aチームのシーズン3のDVDが1枚目見たきり止まってるのとか、見たくて見たくてしょうがない「ジャイアントロボ〜地球が静止する日」とか何とかかんとか。
さらに、買ってきた「チャンピオンRED 11月号」は「ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日 第1巻〜第4巻」と一緒に積ん読モードになってるし、そう言えば、デジカメは壊れたまんまだし、気がついたら清原選手も引退しちゃったし、うっかり「アニメーター逢坂浩司イラスト&ワークス」買ってるし、実は1ヶ月以上も前からS.H.フィギュアーツのドモン=カッシュ予約してるし、サイトの更新は「7周年になりました」で止まってるし、「伝説のオウガバトル秘史」も手をつけてないし、いやいやまったく、いやまったく、てなもんで、それでも気がついたら、すっかり秋らしくなってしまったので1年の3/4使われている羽毛布団を出すだけ出し、いつの間にかお風呂も汲むようになり、最近は朝は左足の股関節と膝がうちを出る時に痛いのは、なかなか身体が温まらないせいなのでちゃんとお風呂に入ろうと思い、おやおや、何の話をしていたんでしたっけ、いやですよ、奥さん、てなもんで、今週は晩ご飯に験を担いでカツを食べ、いくら好きだからと言っても、週に4回もカツだのフライだのコロッケだのを食べるのはやっぱりおなかに優しくないので(ここで「○○に優しい」と言うたびに師匠の台詞を思い出し、「笑わせるな! キサマぁ、『やさしい』という言葉を勘違いしておるのではないか? この政治屋めぇっ」なんて脳内リフレインしちゃったりなんかしちゃったりして)、今朝は3ヶ月ぶりくらいにさらさらとお茶漬けを食べたり、それでも、ふと街路樹に赤い実がなっていることに気づけば、そのことが嬉しくなり、青いサルビアを見かけては、「薔薇は青で騒いでいたが、サルビアはふつうにあるものなのか」とか思ったり、前から気になっていたラーメン屋に行こうと思っていたのに、その駅は各駅電車しか停まらないのにしっかり快速急行に乗り込んで戻ったり、期待していたほど美味しくなかったんでがっかりしたり、富士見坂って名前のついた坂を登っているのに、富士山なんか見えないんで昔のことだな、と自己突っ込み&解決しちゃったり、ふと、我が身を振り返れば、人生というのはネタの連続なのだな、としみじみ思い返してみたり、まぁ、たきがはさんは基本的にながら族なもんですから、雑念が凄まじく多いもんで、こうして書いてみると、それでもこの2週間というものは比較的試験のことと、そのための勉強のことばかりを考えていたのだったなぁと思ったりするのでした。もう、文章、無茶苦茶。いやいや

上にあげたネタの数々は、そのうちにブログで書くかもしれませんし、これっきりこれっきりもうこれっきりですか〜♪で終わるかもしれません。ビデオは書きます。
中でも「七人の侍」につきましては、もう劇場で3回ぐらい、ビデオでもかれこれ3回ぐらいは見てまして、特別に思い入れの強い一本でございますが、なにしろ1950年代と古いもんですから、こないだ、某国営放送でかかった時には初めて見た、という方も多かったんでないかと思われます。で、ひとまず一見さんには、リーダーの勘兵衛、三船敏郎氏の演じた菊千代、格好いい久蔵はわりとわかるんですけど、その他の方がわからんという話なんか読んだりしますと、この映画のファンとしては、もう写真入りで7人を紹介したい。しかし、デジカメ壊れてるたきがは家でどーすんだ、それ、となると、もうDVD買うしかないのか、たきがは?! いや、そんな、いやいや、そんな、しかし黒澤監督が1人1冊の設定資料を作ったという七人について、ぜひぜひ皆様にも覚えていただきたい、そのためにはどーしても写真が必要だ、うっしゃ〜!!な精神で買いかねません。いや、もともと密林の「欲しいものリスト」には名を連ねているんですけどね、これ。Wikipediaもいいんですけど、あれ、写真ないですでしょ? だから、実際に映画を見てもわからんのですよね。でも、1人1人の個性にあふれた7人、日本映画が世界に誇る金字塔としては、ぜひ、知る人ぞ知る、でなく、誰でも知ってる7人になってほしいな〜と思うわけでした。

いや、実際問題、7人を見分けるのは別に難しくも何ともないんです。見てりゃわかる。いや、ほんとに。

勘兵衛(志村喬) 言わずとしれたリーダー。剃り上げた頭がトレードマーク。名優・志村喬が前作「生きる」の市民課長(係長だっけ?)とはうってかわった、冷静沈着なリーダーを好演。

菊千代(三船敏郎) 百姓に生まれながら侍を志す。世界的な知名度のある俳優(なにしろアメリカ産のRPG「Wizardry」にもミフネなるモンスターが登場するぐらい)三船敏郎が演じたため、顔は覚えやすいかも? 一見、ムードメーカーのようなキャラだが、意外とそうでもない。最後の戦いで野武士のボスと差し違える。

勝四郎(木村功) 7人の中でいちばん年若いという設定。作中では百姓の娘とのラブシーンで見分けられる。最後まで生き残る。

七郎次(加東大介) 勘兵衛とはよくコンビを組む古女房。7人の中では背は低い方だが加東大介さん、顔が丸い。丸さで見分けるとよい。作中、百姓たちに「走れ」と言っていたキャラ(この台詞が「伝説のオウガバトル秘史」の主人公グランディーナに生かされていたりする。Stage 3でやたらに走らせたのはその影響だったり)。武器は槍を使ってた。ほんとによく走る。最終決戦では柵を越えてきた野武士を百姓たちと槍ぶすまにしてた、はず。最後まで生き残る。

五郎兵衛(稲葉義男) 実はいちばん見分けにくい。七郎次、平八とキャラがかぶりやすいと思われる、というか、わしも最後まで覚えなかったキャラ。7人の中では勘兵衛の副官的な立場にいるのだが、あんまり活躍しなかった。最終決戦前に殺されちゃうし。七郎次との見分け方は、
・五郎兵衛のが大きい。
・七郎次は丸い。
平八との見分け方は、
・最初に死ぬのが平八

久蔵(宮口精二) 初心者でも覚えやすいキャラ。だって格好いいし。いちばん侍だし。海外でも人気者。刀に生き、刀に死す、といった感じ。意外と小柄。たぶん、いちばん小さい。役者の宮口精二氏は、この役をやるまで時代劇で侍をやったことがなかったそうな。それでもあの殺陣である。役者とはこういう人のことを言うのだと思った。

平八(千秋実) 実在の役者さんとしては最後までご存命だった方。亡くなった時に「最後の侍逝く」とか言われたニュースを覚えている方もいるのでは? 侍としてはへぼい。本人曰く「薪割り剣法」と称する。しかし、旗を作ったり、のほほんとしたキャラで、7人のムードメーカーっぽかった。最初の戦死者で、後半始まってすぐに亡くなるので印象が薄いのかも? あの旗は平八が作ったんですよ〜!

と、いったい、何の日記だかだんだんわからなくなってきたが、こういう紹介をできたら本編の写真入りでやりたいな〜と思っているのだった。実際問題、何回か見ると覚えるんですけどね。ええ。あとは黒澤映画をほかに何本か見るといいです。宮口精二さんが「生きる」で、志村喬課長をにらみつけるヤクザのワンシーンで出てたり、千秋実さんが「白痴」でちょっと情けない役やってたり、「生き物の記録」でも確か、三船敏郎さんの息子役だったり、「用心棒」で加東大介さんがヤクザの3兄弟のちょっと頭の足りない次男坊やってたり(三男坊は仲代達也氏)、「野良犬」で木村功さんが犯人だったり、と常連にお目にかかれます。

いやいや、まったく、何の話をしているのやら。まぁ、たきがはさんはなにしろこう、雑念が多いもんですから、おかげでっちゅうかなんちゅうか、サイトもこう、ジャンルが無茶苦茶ですし、統一性がないし、せめてカラーだけでも統一しようとか、なんとかかんとかやっとったりするんですけど、そういえば、tanpoko.comのドメイン名って、何も考えずに「com」取ったんですよね〜 7年前はそういうこと、全然知らなかったし。でも、今になって「com」よりも「org」とか「net」のが良かったのに、とか思ったりなんかもしますけど、お名前,comで調べても「tanpoko〜」なんてサイトは世界中にうちだけですんで、変えたくなってそんなに困らないけど、リンクしてもらってるサイトさんにそんな理由で変更を通知するのは面倒なんで、もはや「認めたくないものだな、若さゆえの過ちというやつは」てな調子で、このままサイトの運営、もうやめた〜!っと思うまで突っ走ろうと思ったりしました、ええ。いまのところ、ちょっとでも思ったりもしないもんで、ないですけど。
それと、うちのサイトって、ジャンルごとにディレクトリを分けてるんですけど、考えてみたら、各ジャンルのトップページを全部ディレクトリに突っ込んで「index.html」にしちゃえば良かったのに、と思います。ええ、これはhtmlというか、Webサーバの仕組みがわかってきたところで、なんちゅうことをしやがったんだ、ぢぶん、と思いました。気づきました。しかし、もう面倒。直すの面倒。対策のために全ディレクトリにindex.html置いたんで、もういいやってことで、そのうちに自宅サーバとか運営できるようになったら考えようかとも思ったんですが、そのためにすでに1000ぐらいあるであろう(MacOSではフォルダの情報でファイル数が出ないんすね。サイズは出るんだけど)ページを直すのやだ、っちゅうことで、これも「認めたくないものだな(略)」ちゅうことになりそうです。

で、何の話だっけ?

そうそう、そろそろ「ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日」の馬鹿日記を上げようという話ですよ、奥さん!

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
11 12 14 15
16 17 19 21 22
23 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]