忍者ブログ
[1556] [1555] [1554] [1553] [1552] [1551] [1550] [1549] [1548] [1547] [1546]


ええと、まずこの画像は本物のさとうきび畑でもなく、たきがは家の裏に生えている名も知らぬ草です。

ただ、このざわわと風にたなびく音を聞いていたら、ふと、こんなことを思ったのでした。

風が吹く方向によって四方八方にたなびいていく草は、まるで「ダーウィンが来た!」でやっていたイワシの群れのように思えました。イワシは何十億匹という大群で南アフリカの海岸を北上していくのですが、えらにセンサーがあって、それだけの数で泳ぎながら、互いにぶつかり合うこともないのだそうです。草も何百本か、何千本かわかりませんが、まるでイワシの群れが1匹の生き物のように泳ぐように、この草もざわわざわわとたなびいて、2メートル以上と長いのに互いに絡み合うこともなく、生えているのでした。
その時、ふと、この草が今のマスゴミの情報という風に流され、反小沢を叫び、小泉・竹中政権が改革という名の改悪で格差社会を進めたのに、なお、それをおかしいと思わない、大多数の日本人に見えたのでした。風に流され、自分の足で歩かぬことは草にとっては当たり前のことで、不思議でも何でもありません。でも、自分で考えず、マスゴミの言い分を鵜呑みにすることは、自分の足で歩くことを放棄してしまったようなものでないかと思えたのです。
たきがははこの草むらを見るたびに、中を歩こうと思ったら、あちこち切られて痛いだろうなぁと思っていました。草の葉に切られると痛いんだぜ、紙で手を切るようなものなのでそれほど深くないのに痛いんだぜ。
ということは、この風に逆らい、風に流されることをやめた人は、きっとこの草の中で切られるのだろうなと思いました。小沢さんがそうしてマスゴミにたたかれ、マスゴミの言い分を鵜呑みにした人がさらに小沢さんをたたいています。その姿はこの草の中から抜けられず、切られ続けるようなものだろうと思いました。この草むらから出ることはかなわないのでしょう。この草むらは日本人そのものなのですから。

だったら、わしも、この草の一本となって風にたなびくよりも、草の葉に頬を切られて痛い思いをしても、自分の足で歩いていかなければならないなぁと思いました。

ちなみに本物の「さとうきび畑の唄」はこちら↓


ざわわざわわ♪しか共通点ねーじゃん!という突っ込みはすでに自分でしたので不要のことよ!

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
3
10 13 14
15 16 17 19 20
23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]