忍者ブログ
[1101] [1100] [1099] [1098] [1097] [1096] [1095] [1094] [1093] [1092] [1091]
アーシュラ=K=ル・グイン著。小尾芙佐、小池美佐子訳。ハヤカワ文庫刊。

植民惑星ニュー・タヒチで、地球人と現地人の通称クリーチーとの対立を描く表題作と、辺境の植民惑星での入植者と非暴力主義者との対立を通して、1人の少女の成長を描く「アオサギの眼」を収録した1冊。

対立する側の地球人、入植者がそれぞれ暴力的な男性というのは、どこかステレオタイプな印象を受けます。ル・グインさん、フェミニストなんで、暴力=男という構図が見えるというか。で、対するクリーチー、すなわち現地のアスシー人、非暴力主義者の側には女性の指導者がいるというのがますます象徴的っていうか。この時代(二作とも1972年の作)はそこまでフェミニストではなかったはずなんですが、その萌芽があるっていうか。しかし、世界の歴史を見ても暴君というのはたいがい男性なわけでして、まぁ、それも無理ないわって思いますし、わしも一応、女なので、その気持ちはわかるわっていうか。

読んでいた時に、アスシー人というのは、要するに毛むくじゃらの現地人なわけなんだよな〜と思っていたのですが、どうしたわけか、毛の生えたもっと可愛らしいヒューマノイドが思い浮かんで、あれはなんでだったのか、まぁ、それはそれでいいんだけど。身長も人間の半分くらいとか言ってたし。

古典的なSFです。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2
6 7 10
12 13 14 15 16 17
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]