忍者ブログ
[975] [974] [973] [972] [971] [970] [969] [968] [967] [966] [965]
監督:スティーブン=ソダーバーグ
出演:エルネスト=チェ・ゲバラ(ベニチオ=デル・トロ)、ほか
見たところ:ワーナーマイカル茅ヶ崎

ゲバラ2部作の2作目。

キューバ革命の成功後、主にボリビアに渡ったゲバラが政府軍に捕えられ、殺されるまで。

革命家を自認するゲバラは、キューバでの成功に甘んじることなく、アフリカ、中南米と戦いの舞台を変えていきます。しかし、アフリカでは気候の過酷さもあって(だったかと記憶しとります)失敗、キューバにとっても隣国、中南米での革命を成功させようとボリビアに潜入します。
しかし、キューバでの失敗を鑑みたアメリカが、第2のキューバにするわけにはいかないとボリビア政府と軍に全面的に協力。革命軍は住民からも孤立、裏切られてゆき、とうとうゲバラは捕えられ、殺されてしまうのでした。

という筋がわかっているせいか、前作に比べるとだんだんと沈んでいきます。ゲバラたちが最も重視していたはずの住民たちとのつながりの薄さ、5年分の努力を水泡に帰す同志の軽薄さ、執拗な政府軍の攻め、次第に孤立していく革命軍、はっきりとわかる住民の裏切り。
それでもゲバラは希望を失わない。最後、囚われても、「わたしたちを捕まえさせたことで住民たちがその過ちに気づいてくれればいい」と言ってのける潔さ。自分を見張る兵士に「逃がしてくれ」と頼む諦めの悪さ。処刑に来た兵士に「ちゃんとねらえ」と言う強さ。

そう言えば、ここ10年ばかり、中南米では反米の政権が多く立ったことは有名だな。ベネズエラのチャベス大統領が即位してもう10年になるとか。ああ、そんなになるのか、と思って感慨深かった。
「DAYS JAPAN」で、ボリビアでは戦争をしないという憲法が採択された、とも読んだ。
世界はちょっぴりゲバラの理想に近づこうとしているのかもしれない。

誰もゲバラにはなれない。今の時代にゲバラは合わないかもしれない。でも、ゲバラがいたことは、彼の言ったことは、今の時代にも希望を与えてくれる、そんな気がする。

たんぽこ通信 映画五十音リスト

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2
6 7 10
12 13 14 15 16 17
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]