忍者ブログ
[89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79]
たきがは、かれこれ12年ほど前から「君が代」は歌わんし、「国旗掲揚」でも立たない。なんで12年前なんて覚えてるのかというと、その年は天皇杯でベルマーレ平塚が優勝したからだ。準決勝の対ガンバ大阪を見に行ったのだ。懐かしいなぁ。もう12年も経ったのか。それにしても「天皇杯」という名には怖気がするね。
しかし、東京都でそれをやると、減給になったりくびになったり昇進できなかったりした。まぁ、都知事が馬鹿石原なんだから、別に驚きもしなかったけど、それでも東京に住みたい、働きたいと思う人の気持ちはわからないし理解できない。だいたい、都民税ってそのうちの何%か知らんけど、知事の給料になってんだべ? おりゃあ、自分の金が1円でも石原に渡るなんて嫌だね。だから、たきがはは石原が知事のあいだは絶対に東京に住みたくない。つーか、石原が万が一にも総理大臣なんてことになるようだったら、その時は潔く日本脱出を図る。うちの親は冗談だと思ってるようだが、おれは本気やで。その時は日本人やめるで。
まぁ、いまのところ、石原が総理大臣になるような様子はないようなので、それはさておき、「君が代強制」だ。
東京地裁が昨日、「君が代強制」に禁止の判決を出したそうだ。当たり前だ。国家も国旗も誰かに強制されて歌うものじゃないし敬意を表したりするようなものじゃない。
しかし、石原、「当然控訴する」とぬかした。まぁ、こいつならやるだろう。弟の七光りで有名人になったくせに、自分が偉い、文学者だと勘違いしてるようなたわけだもんな。そしたら、「統一行動が必要なんだ」とぬかしやがった。それは、てめぇは安全なところでぬくぬくしてて、わしら、庶民が危ないところへ、何の疑問もなく、お国のために戦って、死んでこいってことだな。お国のためにという美名のもと、十五年戦争で自国も他国も大勢、ほんとにたくさん殺して、ぶっ殺されたように、疑問も持たず、むしろお国のために死ねることを名誉と思えってことだな。そのためには疑問なんか持つなってことだな。ぶっちゃけ、国民にロボットか奴隷になってこいってことだな。

この裁判は、きっと最高裁までいくと思う。都は高裁で負ければ控訴するだろうし、原告だって納得しないだろう。この先どうなるのか、気にしておこうと思う。

石原が記者会見に滅茶苦茶不機嫌な顔をして出てきたのは、せっかく2016年のオリンピック候補地に立候補が決まってうはうはしてたのに、余計なこととでも思ってたんだろう。
どーでもいいんだけど、この東京と福岡の誘致で、古田が何言ったのか知らんけど、がっかりしたなぁ。出てこないでほしかったよ、こんなの。それと、たきがは、もともと萩本欽一って好きじゃないんだけど(欽ドン見てたのは「良い子〜」がおもしろかったからであって、好きだったわけじゃないんだ)、「東京でやろうよ〜」と猫なで声を出したのをニュースで見た日にはそのまま萩本欽一を後頭部からぐーで殴りたい怒りにかられてしまった。この前の球団員の不祥事の時だって、「やめるな」と言われるのをわかってて「やめる」と言い出したのが見え見えで「かっこつけんな」とか思ったし。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
同感です
はい、私も、高校生の時から、「君が代」斉唱は、拒否しとります。高校の式典で、全校生徒・教員中、私だけ起立しませんでしたねえ。ああ、懐かしい。でも、「君が代」それ自体は歌として好きなので、歌いたい時には、歌います。

何であれ、学校や役場で特定の思想を強制することは、違憲に決まっており、このたびの判決は妥当で、日本の司法もまだ、根っから腐ってなかったんやなあ。ちょっと安心しました。先、どうなるかも注目したいですわ。

石原氏は、文筆家としても政治家としても、奇をてらうのが精一杯な小物だと私は思います。ああした三百代言は、いつの世にも出るものだなあって。

いつも、たきがはさんの文章から学んでおりますよ。歴史という真の裁判官の前で、証言出来る人間になりたいものだと、思わさせられます。
ガラマニ URL 2006/09/23(Sat)01:15:39 編集
三百代言
ガラマニさん、コメントありがとございます〜
私は石原がどうして受けるのかいまだに理解できません。Yahoo!ニュースのトップページに「投票」ありますが、「団塊の世代という言葉は誰の造語?」って問いがただいまありまして、その選択肢に石原の名がありましたが、2番目に投票が多い理由も納得いきません。石原はそんなオリジナリティのある思想の持ち主じゃないと思ってます。何でも借り物の思想で、どっかで見たようなものをくっつけたばかりの、三百代言の名にも値しない三文野郎、というのが認識です。

>はい、私も、高校生の時から、「君が代」斉唱は、拒否しとります。

うひょお! それはまた凄いですね〜 私は昔から君が代は嫌いなんですが、そこまではっきりした態度は取ってないです。そういう意識が出てきたのも自覚してるのはここ12年ぐらい。大学の入学式は出てないし、卒業式もどうしたか、記憶にないし…

>歴史という真の裁判官の前で、証言出来る人間になりたいものだと、思わさせられます。

そうですね〜
宮崎学さんに曰く「自分がその場にいたらどうするのか、それが歴史と向き合うこと」だそうです。そういう意味では戦後の日本人の大半は歴史と向き合ってこなかったのではないか、過去と真摯に向き合ってこなかったからこそ、石原や阿部や小泉のような連中がいついつまでも幅をきかせてるんじゃないかな〜と思いました。
【2006/09/24 12:08】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4 5
7 8 9 10
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]