忍者ブログ
[1604] [1603] [1602] [1601] [1600] [1599] [1598] [1597] [1596] [1595] [1594]
小川一水著。角川春樹事務所刊。

副題が「レーズスフェント興亡記」。中世ドイツ史のような筋立てだけど、そこはSF作家・小川一水さん、前史の時点から謎の女レーズの存在が古代ヨーロッパのようでいて、そうではない舞台になっていて、最後までこのレーズが鍵を握る。ただ、それ以外の点では中世ドイツの町作りの物語で、ルドガー、リュシアンの兄弟を初めとする登場人物たちが多彩で楽しいのだ。

ガリア遠征に赴いたカエサルが出会ったのはレーズと名乗る不思議な女。カエサルの作った町はレーズを魅了し、やがて町は滅んだがレーズは町作りに惹かれ続けた。それから1000年以上が経ったレーズの泉の側にあるモール庄に騎士ルドガーとその弟リュシアンが庄司として赴任してきた。レーズと会ったルドガーは、中州に町を作り、そこをレーズスフェントと呼ぶようになった…。

町が作られていく様子がおもしろいです。それに主人公のルドガーが騎士ではあるんだけど、生い立ちの複雑さとか、主君の娘エルメントルーデ姫との相思相愛ぶり、恩師ハインシウスに寄せる尊敬とか、騎士と言うには一筋縄ではいかないところがありまして、この近代的なキャラがいいのさ。表紙の騎士はルドガーだろうな、やっぱり。

小川さんもまだまだ読むぞ〜

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4 5
7 8 9 10
14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]