忍者ブログ
[1166] [1165] [1164] [1163] [1162] [1161] [1160] [1157] [1153] [1151] [1150]
C・S・ルイス著。瀬田貞二訳。岩波少年文庫刊。ナルニア国ものがたり1

というわけで借りてきました。「指輪物語」よりはっきりと子ども向けという感じですが、なかなかおもしろかったっす。
主人公の4人の子どもたちもそれぞれに個性的で、キリストを表すというライオンのアスランはどこまでも雄々しく勇ましく神々しく、敵対する魔女はどこまでも憎々しく、脇役のファーンやビーバーの夫婦も愉快です。何より、ロンドンから疎開していった子どもたちを預かる老先生は、著者自身ではないでしょうか。

4人の子どもたちは予言どおり、アスランとともに魔女を倒し、王座につきました。一続きの物語の先を楽しみにしたいと思います。

巨人ごろごろ八郎太って瀬田さんのネーミングが相変わらずナイスっす。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2
6 7 10
12 13 14 15 16 17
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]