忍者ブログ
[1247] [1246] [1245] [1244] [1243] [1242] [1241] [1240] [1239] [1238] [1237]
監督:ポン=ジュノ
出演:母(キム=ヘジャ)、トジュン(ウォンビン)、ジンテ(チン=グ)、ジェムン刑事(ユン=ジェムン)、ほか

知恵遅れの青年、トジュンが女子高生殺人事件の犯人として逮捕された。息子の無実を信じる母親は、当てにならない弁護士に見切りをつけ、一人で息子の無実を証明しようとする。果たして真犯人は誰なのか?

というわけで、久々の映画2本立てっす。疲れたけど、やっぱり映画は映画館で観た方がいいな〜と思いました。うちでビデオとかDVD観るのは、それしか観る手段がないのだとしても、やっぱり邪道な気がするです。

さて、母性について描いた映画というのは、おそらくたきがはが知らんだけで数々あると思いますが、そのカラーはおそらく、やっぱりたきがはが知らんだけで二極に分かれるのではないかと思います。

・母性の尊さをうたうタイプ
・母性のおぞましさについて描くタイプ

さて、この映画がどちらかと言いますと、それだけでもうネタバレな気もしますが、後者であります。それでも母親は我が子を守るのか? それはもう絶対の正義なのか? その理由の前にはすべてが許されるのか? 韓国映画がまた、1つ重たい問いかけをしてきたようであります。

こういうのあるから、韓国映画って好きなんすよ。でも、韓流とかはお断り。いまさら、純愛なんて観て、涙する歳でもありませんし。

何回でも観たい映画ではありませんが、観て損はない映画。

たんぽこ通信 映画五十音リスト

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4 5
7 8 9 10
14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]