忍者ブログ
[842] [841] [840] [839] [838] [837] [836] [835] [834] [833] [832]
出演:ジョバンナ(ソフィア=ローレン)、アントニオ(マルチェロ=マストロヤンニ)、ほか
音楽:ヘンリー=マンシーニ

イタリア映画の名作。しかも音楽が「道」とかも担当したヘンリー=マンシーニ氏ですよ。どこまでも続く美しくも残酷なひまわり畑と、そこにかぶさるメインテーマ。素晴らしい名シーンだよね。何で「残酷」かと言いますと、第二次世界大戦中、ナチス・ドイツがイタリア兵やロシア兵の捕虜に命じて、墓穴を掘らせたわけです。捕虜や民間人を虐殺して、埋めるための穴を。ひまわりはその上に、大輪の花を咲かせ、すべてを覆い隠してしまったのでした。
ソフィア=ローレンとマルチェロ=マストロヤンニがまたいいっす。情の厚いナポリの女、ジョバンナは、ロシア戦線で行方不明になった夫のアントニオを追って、はるばるロシアまで探しに行く。そのうちに、何人もイタリア兵が、記憶を失ってロシアに残り、そのままロシア人として暮らしていることを知り、ついにアントニオの行方を突き止めるわけですが、彼もまた、ロシア人の女性に助けられ、彼女を妻とし、娘までなしていたという。マルチェロ=マストロヤンニはなんちゅうてもええ男でやんすが、こういう優柔不断ちゅうか、いた〜りあなキャラがはまってます。
で、ジョバンナが現れたもんですから、はるばるイタリアまでやってきたアントニオ、「やりなおしたい」ってあーた、奥さんと子どもはどーするんですか。でも、ジョバンナももう結婚してて、しかも子どもまでいる。「子どもを犠牲にするの」って言うのが女性なのが、女の強さっちゅうか、男の優柔不断さちゅうか。でも、息子にはアントニオって名前をつけている切なさ。

いい映画なのですが、けっこう細部を忘れておりました。ジョバンナがサッカー場に行ったシーンなんて、すっかり忘れてるし。それにしても、ロシア人の奥さん、逞しいです。雪原で野垂れ死に寸前のアントニオを引きずってうちに連れていって介抱してあげるなんて、なかなかできることじゃありません。ちゅうか、やっぱりここは好みの男を見つけてえんやこら、てなもんだったんでしょうか。マルチェロ=マストロヤンニならわかるな〜とか言ったら反則。

たんぽこ通信 映画五十音リスト

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
3
10 13 14
15 16 17 19 20
23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]