忍者ブログ
[852] [851] [850] [849] [848] [847] [846] [845] [844] [843] [842]
自分に「頑張れ」と言うのはただなので、たきがはは毎朝、自分に「頑張れ」と言ってうちを出る。なにしろ、最後の試験を取るためには頑張るしかないもんで、頑張れるのは自分だけなので、頑張るのも頑張らないのも自分だけなので、「頑張れ」と言う。
頑張った自分へのご褒美と称して、いちごの生ジュース飲んだり(たきがはは生ジュースが好きだが、ほぼいちごのみである。よくよく考えてみたら、春先にいちごを大量に買って凍らせておけば、いつでも新鮮ないちごの生ジュースが楽しめるというわけじゃないか?ということに最近、気がついた。でも、いちごの季節になるといつもきれいに忘れてるんだな、これが)、今日は久々にマク○ナルドのベーコンポテトパイが再販したというので買ってみたり(しかし、これは見事に期待はずれだったのでがっかりした)、大好きな豚カツ屋へ行って、贅沢にカニクリームコロッケを食べたりして、なにより、知らないことを勉強するという今の状況を、それなりに楽しんでいたりする。
だいたい、たきがはさんは学校(専門学校)では「人一倍勢いのあるたきがはさん」として知られているので、自称「石橋ができる前に丸太の橋を全力で突っ走る女」である。いや、こういうのって勢い大切だし。女は度胸だし。いろいろと計算して、勢いでこの資格取らないと後がきっついよな〜と考えたりの上での行動なわけなのだが、ぱわふりゃ〜に振る舞ってるもんで、「たきがはさんは勢いがあっていいなぁ」と言わしめているのである。
とは言うても、わしも先日、1回受験するのに3万円(ぐはぁ。Wii買えちゃうじゃん)もするような試験を落としたのは大変痛かったのだが、そこはそれ、転んでもただで起きてはいけないので、試験の傾向と対策というものをいささかなりともつかんで、次の試験では3万円をふいにするわけにはいかないので、頑張る所存である。ちゅうか、そのために毎朝、「頑張れ」と言って出てくるわけなのだが、そこらへんはたきがはさんも妄想の人なんで、たとえば、まいちんに「頑張ってね」とか言ってもらえたら、とか妄想を働かせるだけで頑張れるんだから、人間、お手軽と言えば、これほどお手軽な話もないものだが、先日は身体がほんとにしんどかったので、台湾式マッサージ行きましたが(で、マッサージのお姉さんに「堅い」と言わしめた、恐るべき身体の持ち主である。どうやら、本人に自覚がないだけで、たきがはの筋肉はそうとうこっているらしい)、かなり楽になったので、どうやら半年にいっぺんぐらい、マッサージに行ったらいいかもな〜と思ったりする今日この頃なんである。
ま、あとはたきがはの大好きなモ○ゾフのプリンとか、10月末まで売っていたパンプキンプリンとか、あとはWiiで待望の「伝説のオウガバトル」が出るとか、毎月の「ジャイアントロボ」がすごく楽しみだとか、ブログ書いたり、お気に入りのサイトさんが更新されているのを見たり、日々のささやかな喜びの積み重ねっちゅうもんも、わりとエネルギーになってたりする。そういう意味では、玄関にまいちゃんの写真を飾っているのは大変大きな意味があって、なにしろ「行ってきます、まいちゃん」も「ただいま、まいちゃん」も言えるのは、これまたすこぶる大きな原動力になっていたりするのである。
たきがはは、自分で言うのもなんだが、割とお手軽な性格なので、こういう日々のささやかな喜びが原動力になったりして、あんまり大きく落ち込まずにやっていける方なのではないかと思うんであるが、なにしろ、こればっかりは人に強制するわけにはいかない。

たきがはの通ってた専門学校には、それこそ前職はいろんな仕事の人が集まって、それでも転職するために頑張って勉強してたわけなので、言ってみれば、そこに通った人たちが、転職という共通の目的のために一時的に集まった場であったわけで、でも、いざ授業が終わってしまうと、その後のモチベーションというのはなかなかみんながみんな、同じというわけにはいかない。で、たきがはは授業が終わってから、まぁ、定期券が残っていたという大変現実的な理由もあったわけなんだが、2週間というもの、せっせと通ってお勉強していたわけだ。
でも、久々に顔を合わせた同級生が、モチベーションが上がらなくて、と言うのに、何もできないのはしんどいなぁと思った。わしも試験通れば、これだけ勉強すれば、採れるよ!と言いたいところなのだが、なにしろ落ちてしまったもんで、まずは自分の合格目指して頑張るしかないんだけど、転職の理由ってみんなそれぞれあるんだよ。今の給料に不満があるとか、もっと専門性を持った仕事をしたいとか、開校式の時にはみんな、それなりの夢を持って語ったはずなのに、なにしろ、授業を受ければ、採れるという試験でもないもんで、せっせと自習しなきゃいけない。その間が空いてしまった人ほどしんどいのかなぁと思った。

でも、ひとまず誰かが受かってしまえば、きっとみんなでその情報を共有できるわけで、わからないところをまた教えあえるわけで、もうちょっと頑張る所存である。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
頑張りすぎてしんどくならないよう
適度に頑張れ。無理せず頑張れ(^^)
そら URL 2008/11/07(Fri)21:04:32 編集
ありがとうございます〜!
そら様、たかが愚痴に温かいコメントをありがとうございます。

わしがブログにあまり愚痴を書かないように、「頑張っている」と書かないようにしておりますのは1つには見え見えに「頑張れ」と言ってほしいのがわかるのでなんかやだな〜と思ったりするからです。
ただ、この記事につきましては、なにしろわしはまだ頑張れるんですけど(と言いつつ、下半身が今日はちとやばいなと思いましたが、一晩寝ればたいてい治るので)、周りのみんなが頑張ってるんだろうけど、なんかモチベーションを上げられなくているのを見てるのが辛いなぁという話でした。

俗に「頑張っている人に頑張れというのは、『あんたの頑張りがまだ足りないんだからもっと頑張れ』というプレッシャーを与えるようなものだ」というのを見るにつけ、自分にはいくらでも頑張れと言えるけど、人には容易に頑張れとは言えないのだなぁという、たきがはの人付き合いの下手さ加減を愚痴ったような記事でもありました。

みんなが実はわしの知らないところでうんと頑張っていて、「試験通ったよ」という話ならばいいのですが、なかなかそうもいかない類の試験なもので、頼まれてもいない心配とかしちゃったりしてるだけなんです。

あと、これは男と女の違いかもしれませんが、同級生の一人に「頑張った自分にご褒美をあげたら」と言ったら不思議そうな顔をされたので、わしのように「今日は頑張ったから、モロ○フのプリンを食べてもいいです」という喜びはあんまりないのかな〜と思ったりしました。自分で自分を褒める、自分で自分を応援するというのは男の人はあんまりやらないんですかね。
【2008/11/08 00:59】
無題
まずは合格おめでとさんです!(^^)
>「頑張っている人に頑張れというのは、『あんたの頑張りがまだ足りないんだからもっと頑張れ』というプレッシャーを与えるようなものだ」
実は私もこう思っちゃう派。だから人にはなかなか「頑張れ」って言えません。でも言ったことによって相手が「よっしゃ!」と思う場合もあるわけで、難しいなあ…。
自分にご褒美はなかなか有効な手段だと思うのですけどね。誰もご褒美くれないなら自分で自分にくれてやる!みたいな(笑)
そら URL 2008/11/08(Sat)22:57:33 編集
ありがとうございます〜
そら様、こんばんは
何度もありがとうございます!

>実は私もこう思っちゃう派。だから人にはなかなか「頑張れ」って言えません。でも言ったことによって相手が「よっしゃ!」と思う場合もあるわけで、難しいなあ…。

これは人によるんでしょうねぇ。わしのモットーとしては、やる気って人からもらうものもあると思うんですけど、いちばん大きいのは自分の中から引き出すものだと思うんですよ。

>自分にご褒美はなかなか有効な手段だと思うのですけどね。誰もご褒美くれないなら自分で自分にくれてやる!みたいな(笑)

これはわしもよくやります! ふだんの生活でも「今週頑張ったから、このケーキを食べていいことにしよう」とか。
【2008/11/10 00:32】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2
14 15 17 19
25 26 27
28 29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]