忍者ブログ
[1577] [1576] [1575] [1574] [1573] [1572] [1571] [1570] [1569] [1568] [1567]
船戸与一著。集英社刊。

インドネシアのアンボン島を舞台にした、血で血を洗うイスラム教徒とプロテスタントとの戦いを多様な視点で描いたドラマ。

インドネシアのロンボク島で海老の養殖を営む笹沢浩平は、10年以上前に助手として使っていたカシム=ファウジを追って、政情の不安定なアンボン島に向かう。イスラム教徒とプロテスタントが血で血を洗う抗争を続けるアンボン島で、カシムはアンボン島の英雄の子孫イドリス=パティムラと名乗って、イスラム教徒を扇動しているという疑いがかけられていたのだ。アンボン島に住むプロテスタントのサイラス=ディサフ、イスラム教徒のシャキブ=サスチオン、カトリックで華人のロバート=コファンらの視点も交えて、アンボン島での抗争の行方を描く。

視点が4つもあるもんで、舞台がちょこちょこ入れ替わります。ある時はロンボク島の笹沢浩平だったり、アンボン島のサイラス=ディサフ、シャキブ=サスチオン、ロバート=コファンだったり。最初は何の関係もないと思われたこれらの人物が、英雄の子孫イドリス=パティムラを名乗るカシム=ファウジの登場でダイナミックに結びつきあい、殺し合いにまで発展する様は船戸節健在であります。ただ、この話も「河畔に標なく」と同様、最後は登場人物のほとんどが死んでしまう話なので、複雑なインドネシアの状況はわかるのですが、読後感はあんまりよくありません。

その中でも、カシム=ファウジのキャラクターは、その視点で語られることはありませんが、「蝦夷地別件」の若きアイヌを彷彿とさせるどす黒さでした。ここんとこ、絶望的なラストが多く、たまには「山猫の夏」とか「蟹喰猿フーガ」みたいな明るい話も読んでみたいな〜

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4 5
7 8 9 10
14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]