忍者ブログ
[1776] [1775] [1774] [1773] [1772] [1771] [1770] [1769] [1768] [1767] [1766]
船戸与一著。講談社文庫刊。

船戸作品で二番目に格好いいカルドキナが出てくる話です。いちばん、無垢な主人公と言い換えてもいいです。

マサオ・コサカはベネズエラ生まれの日系三世。尊敬する叔父のエイジ・コサカは人類学者で、オリノコ河源流の調査にマサオも連れてきたところだ。叔父は凶暴な白いインディオの調査に向かうのだが、その助手の3人も、人類学の雑誌の記者だというキャサリンもどこか胡散臭さを漂わせているのだった。

マサオは地元ベネズエラの首都カラカスにある大学の学生で、シンクレアという将来を約束し合った恋人はいるものの、政治的な思想は持たず、このままベネズエラで弁護士になり、平穏な暮らしをしてもいいが、危険を求めて見たこともない父祖の地、日本を訪れてみたいと思う平凡な青年です。だから、叔父のエイジの見せかけだけの格好良さに惹かれ、その助けをしますが、インディオの青年カルドキナとの出会いから己の偏見に気づかされ、その真っ直ぐな心を失わないまま、白いインディオの真相を知っていきます。
と同時に、叔父が東京を批判したのが如何に浅いものだったか、白いインディオについても如何にでっち上げたものだったかを知り、全てが終わってただ一人、生き残った時にも、このままカラカスに帰れば、何が自分を待っているのかまでわかるほど成長したのでしょう。そして、カルドキナたちに混じって生活していくことを選んだのでしょう。

船戸作品にしては珍しいくらい、読後感の清々しさが印象的な一冊。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4 5
7 8 9 10
14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]