忍者ブログ
[1660] [1659] [1658] [1657] [1656] [1655] [1654] [1653] [1652] [1651] [1650]
船戸与一著。徳間書店刊。全2巻。

まだ上巻。

鳥羽・伏見の戦いで敗北した幕府側の会津、仙台など東北・北陸の諸藩と、薩摩・長州を中心とした倒幕軍との戦いを、長州の間諜・物部春介、会津藩の間垣右近、長岡藩の元博徒・布袋の虎蔵の3人の視点で描く。

こういう多角的な視点は船戸小説にはよくある話です。それが「龍馬伝」とか「燃えよ剣」みたいに一方からの視点じゃないので、スケールの大きさ、ダイナミックさを感じさせます。
そこに加えて、侍ではない布袋の虎蔵という一般庶民の視点があることで、従来の侍を中心とした明治維新とは異なるおもしろさも味わわせてくれるわけです。

東北・北陸地方に攻め込んできた薩長軍との戦い。まだ、3人が絡み合うような関係にまで至ってませんが、下巻での展開が楽しみです。しかし、薩長軍の勝ちという歴史はわかっているので、そこら辺の会津側の悲劇とかをどう描いてくれるのか、心情的にはわしも親が東北の人間なもんで会津とかに親近感を覚えちゃうものですから、特に会津藩士の間垣右近とその周辺が気になるのでした。

しかし、図書館に下巻が置いてなかったので、つなぎに「蝦夷地別件」を読む。こっちはもっと前のアイヌの反乱というか、国後・目梨の叛乱を扱ってます。アイヌたちの敗北後の展開が重い。重苦しい。主要人物の1人で、もっとも若々しかったハルナフリの変貌には胸が痛みます。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
3
10 13 14
15 16 17 19 20
23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]