忍者ブログ
[2939] [2938] [2936] [2933] [2952] [2932] [2953] [2931] [2951] [2930] [2950]
こうして通算3ヶ月の韓国での気まぐれ旅行の最後に板門店ツアーを選んだわたくし(単なる偶然と怠惰の賜物ですが)は、荷物を旅行会社に預かってもらって、観光バスに乗るのでした。

ちなみに板門店ツアーもDMZツアーもいくつも旅行会社があるので、コースは大差ないですが、自分の泊まってるホテルの場所とかで好きな会社を選ぶといいと思います。行ける行けないの日程もほぼ同じようですし値段も大差ないし。

DMZツアーの時はワゴン車で迎えに来てもらいましたが、今回は旅行会社があるプレジデントホテルに7時10分までに来いと念を押されました。ここでもパスポートを見せたり、DMZツアーよりも厳格な感じです。バスの座席も決まってたし(DMZツアーでは早い者順だった)。

英語ツアーしかないというDMZツアーと違って日本語のガイドさん付きでありがたいです。ただ、参加者は英語圏のがずっと多いそうで、まぁ、人口比を思えば無理もありません。
穴あきのジーンズ、短パンやタンクトップなど肌を露出する物、身体の線を強調するような服、ミリタリールック、作業着が禁止と服装の規程がかなりうるさいです。
また11歳以下のお子様も参加は禁止。
板門店現地では撮影方向も決められており、北側の兵士に合図とかも送っちゃいけない、指さしも禁止と禁止事項だらけですが、やっぱり板門店に行かないと韓国で忘れ物をしたと思うので頑張って日延べして行ってきました。

DMZツアーと同じようなコースで国境まで向かいます。今回は金網の向こう側に行くわけです。

再掲の二重の鉄条網。



そのため、観光バスの運転手さんは途中のキャンプ・ボニファス(ポプラ事件の犠牲者、ボニファス大尉による)までで、そこからは国連軍(と言っても現在は韓国軍と米軍のみ)の運転で板門店に向かいます。
二重のパスポートチェックと同行する軍人の姿に緊張感が増します。

本当はキャンプ・ボニファスで板門店についてのビデオを見せてもらうそうだったんですが、南北間の緊張が高まっているというんで縮小されて、そのまま板門店へ向かうわたくしたち。しかし後から来たツアーの連中はビデオを見ていたので、どういう理由なのか不明…。単に日本語版がなかったのか…?

しかも板門店では自由の家(真ん中にある大きな建物)で下ろされて、中を通って軍事停戦委員会議場(国境線上に立っている青い建物。青は国連の色なので青い建物は基本、南側、北側は茶色)に行っただけでポプラ事件のポプラの切り株と、帰らざる橋も見せてもらえませんでした。

軍事停戦委員会議場の中では撮影が可能だそうなんで、いろいろと撮ります。

南北の国境に沿って置かれた高さ15cmの敷石。「JSA」でオ=ギョンピル(ソン=ガンホ)とイ=スヒョク(イ=ビョンホン)が向かい合って立っていたところです(映画ではセットですが)。



それにしても窓硝子汚ねぇ。

ここで「JSA」のエンディングのカットが拾えたので貼っつけときますね。



名曲「忘れ去られた人々(原題:「Luchinushka」)にかぶる、ありし日の4人の姿に涙がこぼれます。ただ、比較的こわばった顔をしている南側の2人に対し、微笑んでこちらを見ているオ=ギョンピルと、笑いながらその後ろを行進しているチョン=ウジンに、後の悲劇で生死が分かれたのがうかがえるような気もします。実際のところ、この4人の中で生き延びたのはオ=ギョンピルだけですが。

ついでにその歌詞(日本語訳ですが)が印象的な「2等兵からの手紙」。



動画は「JSA」のダイジェストですな。

あと、銃撃戦で流れる「届かなかった手紙」。



この2曲を歌った金光石(キム=グァンソク)さんは31歳の若さで自殺してしまっており、「JSA」中にそのことを知ったオ=ギョンピルが「なぜ金光石は死んだのだろうな」と呟くシーンがあります。ロッテのチョコパイを生まれて初めて食べて、「俺はロッテのチョコパイより美味い物を作るのが夢だ」と言うシーンとか、ギョンピル兄貴のエピソードはいちいちいいvv

そういや、金光石さんが生まれた大邱(テグ)には行かなかったなぁ…。

閑話休題。

軍事停戦委員会議場のテーブル。



真ん中に置かれたコードがちょうど国境線を指しているそうです。

相変わらず汚い窓から北側も写してみます。



警備兵。



グラサンは伊達じゃなくて目線を相手に読まれないためだそうです。お土産屋さんでレプリカも売ってます。

室内。



奥の警備兵さんと記念写真を撮りましたが、どういう顔で写ったものか思案していたのでしかめっ面に…。

外から軍事停戦委員会議場と北側の板門閣(赤枠内に「板門店」の額)を見たところ。灰色の軍服は韓国兵、それ以外は国連兵です。なぜか北側の兵士の姿は見えず。



帰らざる橋もポプラも見られずにキャンプ・ボニファスに帰還します。

板門店のビジターセンター。



左の建物はお土産屋。見学にミリタリールックは禁止なのに売ってるのはいいのか。共和国のお金とかも売ってるそうなんですが、どれだかわからず。板門店のガイドブックのような本を買いましたが著者が元軍人のためか、国連軍を全面肯定なのが鼻について、いまいちでした。

板門店の見学がすぐに終わってしまったので時間が大幅に余りまして、臨津江(イムジンガン)公園に連れていかれました。
同じところを見てもしょうがないので、先日の見学では時間切れで見られなかったところを見学します。



自由の橋に近づいたり。



国際市場で逢いましょう」でドクスが持ってたのと同じような行方不明の肉親を記載した紙。



まだこんなにいるのかと思うと切なくなります。韓国では9月15日は旧盆で祝日ですが、その時に北側が故郷の人たちが臨津江公園に集まって先祖をお祀りするのです。その際、「離散家族を探します」という放送を行ったKBSが同じような番組を写すんだそうです。
ドクスが写ったタイミングの放送は2015年にユネスコの世界記憶遺産に登録されたとか。ちなみに光州5・18民主化運動の記録も登録されてます。

お昼に食べたカルビタン。このコースは強制的にお昼付きです。ベジタリアン向けにはビビンパ。飲み物は別料金。



韓国の秋の空。



この後、ソウルに帰ったら、荷物を受け取って仁川(インチョン)港を目指します。地下鉄1号線で東仁川駅からバスです。天安(チョナン)に行った時も1号線でしたが、九老(クロ)駅で分岐するのでした。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
11 12 14 15
16 17 19 21 22
23 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]