忍者ブログ
[2915] [2943] [2914] [2913] [2942] [2912] [2911] [2941] [2910] [2937] [2906]
順天(スンチョン)から光州(クァンジュ)に移動します。順天で駅前のモーテルに泊まり、格安(確か素泊まり1泊3万ウォン)なのに良い施設だったことに味を占めて、交通の利便性も考えて光州松汀駅前で宿を探しますが、うっかりロケーションだけで決めてしまったモーテルがいまいちでして、おかげで光州は5・18民主化運動記録館と国立墓地と自由公園だけで終わらせてしまいました。もっといいところに泊まれば良かったです…。

光州松汀駅。


なぜ光州駅ではないのかというと、この後、済州島に渡るために木浦(モッポ)に行きたいのですが、光州駅ではなくて光州松汀駅から接続してるんだそうですよ。ややこしいなぁ。

こちらは光州の5・18民主化運動関連の施設案内。光州の観光マップも手に入れましたが、肝心の現地の案内がわかりづらく、足を棒にしてまで探す気が失せたので光州は1日だけで終わらせてしまいました。


わしが5・18運動にこだわるのは、やはり映画「光州5・18」の影響が強いのは否めませんが、釜山から巨済島(コジェ)、晋州(チンジュ)、順天と来て、韓国という国の基礎を作ってしまったのが日帝による植民地支配と、その後の朝鮮戦争による分断にあるのではないかという考えがあるからです。それは当然、朝鮮民主主義人民共和国についても当てはまることで、もしもこの2ヶ国が歪んでいると言うのなら、その歪みはそもそも日本のせいじゃないかとわしは思うのですよ。それほど解放(日本による植民地支配からの解放)後の朝鮮半島への国際的な理解、特に欧米諸国の理解が酷いと。もともと独立国家だった朝鮮が日本から解放された後、自力で建国できなという考え方がおかしいだろうと。まぁ、それは口実で、冷戦まっただ中のアメリカは朝鮮半島をソ連と分け合うことで共産主義への防壁を作りたかったわけでしょうが、それは独自で人民共和国を築いた朝鮮の人びとの意志を無視するものだったし、日本支配時に日本に協力した売国奴たちを助命するものでさえあったことを思うと、朝鮮という国が自立するのはやっぱり朝鮮の人びとの判断に任せるべきだったと思うわけです。あと人民共和国を共産主義と見なすやり方にも反対するわけです。共産主義でも自由主義でもない民族主義だったのではないかと。
ならば理想を語ると朝鮮が解放後にあるべき姿はどちらの陣営にも与さない中立国だったんじゃなかろうかと思います。朝鮮人民共和国は、きっとそういう国になったと思います。

そういうわけで、まずは地下鉄で5・18記念公園へ。その中にある5・18記念文化センターですが、常時オープンはしてないみたいです。


公園内にあった記念碑。


背後のアパート群は韓国の大都市ではどこでも見る光景で、地震のことなんか考えてなさそうな薄い建物です。釜山でハングルを教わっていた先生が「人生初」だという地震にも、その後の大田(テジョン)が震源地の地震にも遭遇したわしとしては耐震に考慮されていない高層建築物というのはおっかないの一言に尽きます。

もう1つ記念碑。


その近くにあった解説。


もう1つ記念碑。


5・18民主化運動記録館。


5・18の史跡地にある碑。残念ながら、わしには筏橋(ボルギョ)並みの案内がないとたどり着けません…。メインストリートとなった錦南路。


5・18民主広場。


民主広場前のバス停から国立5・18民主墓地に行くには518番線(5・18だから!)に乗ります(記録館の反対の車線から)。


韓国はどこも市内バスの路線が多く、けっこう痒いところに手が届きそうな範囲を網羅して走ってますが、それだけに初心者には敷居が高く、光州のように英字併記はほんとにありがたいのです。ハングルだけだと読めるようになったとはいえ目当てのバス停を探すのも大変…

しかし下りるバス停を間違えて、バス停1つ分歩いて、さらに乗り直しましたが(2kmぐらい手前だった気がする…)、無事に着いた国立5・18民主墓地の全体図です。


韓国では公共施設における給水器の備えがほぼ100%に近いのでボトルを持っていれば、水をわざわざ買う必要性はありませんが、わしは愛用のTHERMOSを晋州から乗った市外バスでなくしやがったのでペットボトルに水を足すのでした…。

墓地にある記念碑。いい天気です。
 

旧墓地の方にあった建物。



入り口(写真左の像)の姿から察するに5・18民主化運動関連の建物だと思うのですが、ちょっと案内が足りなくて、よくわかりませんでした。

墓地で見学はおしまいにするつもりだったのですが、来る時に素通りした5・18自由公園(記念公園の隣)に憲兵隊の建物とかが復元されているというので閉園ぎりぎりの時間でしたが行くことに。


展示館の方は閉園してましたが、見学者がジオラマの方に行ったんで便乗して見てきました。実際の建物を移設したそうで、マネキンもあるものでリアルでした。特に牢獄は看守のアナウンスもあって、その罵声が嫌な感じ満載でした。

自由公園にあった野火烈士記念碑。



「野火夜学の活動家」とあるんですが、どういう活動だったのか、ちょっと不明…。

自由公園の手前に金大中コンベンションセンターがありましたが、特にイベントはやってなかったので素通り。金大中さんは光州の出身だそうですけど、あちこちの都市にも記念館あったような…。やっぱり初の野党出身の大統領だったから皆さん、印象が深いんでしょうか。

晩ご飯に食べた蕎麦。



歩き疲れてくたくたとはいえ、なぜ、この選択…。暑かったから、お手軽な麺に逃げたんですよね。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
11 12 14 15
16 17 19 21 22
23 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]