忍者ブログ
[1582] [1581] [1580] [1579] [1578] [1577] [1576] [1575] [1574] [1573] [1572]
山本周五郎著。新潮文庫刊。

五辨の椿」の原作です。筋は映画と同じなので書きませんが、江戸時代の庶民の何気ない日常や喜怒哀楽を得意とした山本周五郎さんにしては壮烈な復讐劇です。なにしろ、18歳のおしのが次々に4人の男を殺していく手管がとても素人の手並みではありません。しかし、映画の感想のところでも書きましたが、しの(映画で志乃と当てているのは原作にはない)が4人を殺し、実の父親にすべてを明かして見逃したところで、青木に白状するまでは同じなのですが、そこでしのは裁きを恐れて自殺してしまったのでした。あれまぁ。なんて勝手な。
そして与力の青木も、しのの自殺を知って、「安らかに眠れ」みたいなことを言ってるし、そこら辺、映画の方が良かったな、ラストは。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
日々のつぶやきと読んだ本と見た映像について気まぐれに語るブログ。Web拍手のメッセージへのレスもここ。「Gガンダム」と「ジャイアントロボ」への熱い語りはオタク度Maxにつき、取り扱い注意! 諸事情により、コメントは管理人が操作しないと反映されません。時々、サイトの更新情報など。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2
14 15 17 19
25 26 27
28 29 30 31
最新CM
無題(返信済)
(05/29)
(04/27)
甘くない態度(返信済)
(04/26)
謹賀新年(返信済)
(01/04)
最後の一枚(返信済)
(12/13)
プロフィール
HN:
たきがは
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
かうんたあ
gremz
いつでも里親募集中
ジュゴン
脱原発意思表示Webステッカー
忍者ブログ [PR]